クリスティーナ・ロセッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティーナ・ロセッティの肖像(D・G・ロセッティ、1848年)
クリスティーナ・ロセッティの肖像(D・G・ロセッティ、1866年)

クリスティーナ・ジョージナ・ロセッティ(Christina Georgina Rossetti, 1830年12月5日 - 1894年12月29日)は、イギリスの詩人。敬虔主義的な作風による作品を残した。画家・詩人ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの妹で、兄をはじめとするラファエル前派の画家たちの作品のモデルにもなった。

人道的な観点から、奴隷制売春による性的搾取、動物実験に反対した。

主な作品[編集]

  • 『ゴブリン・マーケットとその他の詩』(Goblin Market and Other Poems 1862年)
    • 『ゴブリン・マーケット』ローレンス・ハウスマン絵、濱田さち訳、井村君江監修、レベル、2015年
    • 『小鬼の市とその他の詩 クリスティナ・ロセッティ詩集』滝口智子訳、鳥影社、2019年
  • シング・ソング 童謡集(Sing-Song: a Nursery Rhyme Book 1872年、1893年)
    • 『シング・ソング童謡集』安藤幸江訳、文芸社、2002年
  • 『クリスチナ・ロセッティ詩抄』(入江直祐訳、岩波文庫、1940年、復刊1987年ほか)
  • 『クリスティーナ・ロセッティ 叙情詩とソネット選』(橘川寿子訳・注、音羽書房鶴見書店、2011年)
  • ロセッティ 『モード』(上村盛人訳、渓水社、2004年)
  • ロセッティ『ありふれたこと』(橘川寿子訳、渓水社、2016年)
  • ロセッティ『不思議なおしゃべり仲間たち』(アーサー・ヒューズ画、市川純訳、レベル、2017年)
D・G・ロセッティ『聖母マリアの少女時代』(1848年 - 1849年)
クリスティーナをモデルにした絵画の一つ
D・G・ロセッティ『受胎告知』(1850年)
クリスティーナをモデルにした絵画の一つ


The Milking-Maid (ミルクメイド)

The year stood at its equinox,
And bluff the North was blowing.
A bleat of lambs came from the flocks,
Green hardy things were growing.
I met a maid with shining locks,
Where milky kine were lowing.

She wore a kerchief on her neck,
Her bare arm showed its dimple.
Her apron spread without a speck,
Her air was frank and simple.

She milked into a wooden pail,
And sang a country ditty -
An innocent fond lovers' tale,
That was not wise nor witty.

She kept in time without a beat,
As true as church-bell ringers,
Unless she tapped time with her feet,
Or squeezed it with her fingers.

I stood a minute out of sight,
Stood silent for a minute,
To eye the pail, and creamy white
The frothing milk within it.

To eye the comely milking maid,
Herself so fresh and creamy.
“Good day to you!” at last I said,
She turned her head to see me.
“Good day!” she said with lifted head,
Her eyes looked soft and dreamy.

And all the while she milked and milked
The grave cow heavy-laden.
I've seen grand ladies, plumed and silked,
But not a sweeter maiden.

But not a sweeter fresher maid
Than this in homely cotton,
Whose pleasant face and silky braid
I have not yet forgotten.

Perhaps my rose is overblown,
Not rosy or too rosy.
Perhaps in farmhouse of her own
Some husband keeps her cosy.
Where I should show a face unknown? -
Good bye, my wayside posy!

(詩から クリスティーナ・ジョージナ・ロセッティ "The Milking-Maid" ("ミルクメイド"))[1]


関連書籍[編集]

  • 復刻集成 クリスティーナ・ロセッティ散文著作集 全4巻
    Prose Works of Christina Rossetti (Tokyo: Edition Synapse) ISBN 978-4-901481-67-0 www.aplink.co.jp/synapse/
  • 岡田忠軒『純愛の詩人クリスチナ・ロセッティ 詩と評伝』南雲堂、1991年
  • 川端康雄「クリスティーナ・ロセッティ」(『詩女神の娘たち』未知谷、2000年)

外部リンク[編集]

  • クリスティーナ・ロセッティの作品 - プロジェクト・グーテンベルク
  • Christina Rossettiに関連する著作物 - インターネットアーカイブ
  • "クリスティーナ・ロセッティの関連資料一覧" (英語). イギリス国立公文書館. ウィキデータを編集
  • クリスティーナ・ロセッティの著作 - LibriVox(パブリックドメインオーディオブック)
  • クリスティーナ・ロセッティ - ナショナル・ポートレート・ギャラリー (英語) ウィキデータを編集
  1. ^ A Gallery of English and American Women Famous in Song (1875), J.M. Stoddart & Company, p. 205.