四月の恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『四月の恋(April Love)』
Arthur Hughes - April Love - Google Art Project.jpg
作者 アーサー・ヒューズ(Arthur Hughes)
製作年 1855年–1856年
寸法 89 cm × 50 cm (35 in × 19.5 in)
所蔵 テート・ブリテンロンドン

四月の恋』(しがつのこい、: April Love)は、ラファエル前派の画家アーサー・ヒューズ(Arthur Hughes)の1855年と1856年との間に製作された絵である。

これは最初、1856年にロイヤル・アカデミー・オブ・アーツで展示された。[1]

最初の展示に際して、ヒューズは、絵に、アルフレッド・テニスンの詩「粉屋の娘」("The Miller's Daughter")の抜粋を添えた:

Love is hurt with jar and fret,
Love is made a vague regret,
Eyes with idle tears are set,
Idle habit links us yet;
What is Love? For we forget.
Ah no, no.[1]

もともとウィリアム・モリスによって入手され、この絵は、1909年にロンドンのテート・ギャラリーによって購入され、今に至るまでテートのコレクションにある。[2]

これは、自然および女らしさへのやわらかなアプローチがある、明白にラファエル前派のスタイルをしめしている。自然および象徴主義の強調のみならず、明るい色と赤毛の女性もまた、工業化に対する反応として1800年代後半に見られるこのスタイルを強調している。

絵は、情緒危機(emotional crisis)にさらされている若いカップルを描写している。男性人物はかろうじて見え、彼の頭は若い女性の左手のうえへ頭を近づけている。女性は、春の、そして若い幼い恋の、終わりをほのめかす、落ちた花を見下ろしている。

主人公のモデルはトライフェナ・フォード(Tryphena Ford)で、ヒューズは彼女と1855年に結婚した。[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b April Love, Arthur Hughes at the Victorian Web. Accessed 24 March 2007.
  2. ^ April Love – Entry at Tate.org.uk. Accessed 24 March 2007.
  3. ^ Arthur Hughes – Biography on Humanities.web. Accessed 24 March 2007.