クリスチャン・プレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスチャン・プレス Tennis pictogram.svg
Kristian Pless 2007 Australian Open R1.jpg
クリスチャン・プレス
基本情報
ラテン文字名 Kristian Pless
国籍 デンマークの旗 デンマーク
出身地 同・オーデンセ
生年月日 (1981-02-09) 1981年2月9日(35歳)
身長 188cm
体重 84kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
引退年 2009年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 61勝108敗
シングルス 55勝84敗
ダブルス 6勝24敗
生涯獲得賞金 $1,127,884
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2002)
全仏 2回戦(2001・07)
全英 2回戦(2001)
全米 2回戦(2001・02・04・06)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 1回戦(2007)
全英 1回戦(2007)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 65位(2002年1月28日)
ダブルス 172位(2007年7月23日)

クリスチャン・プレスKristian Pless, 1981年2月9日 - )は、デンマークオーデンセ出身の男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス65位、ダブルス172位。サービスとフォアハンド・ストロークを最も得意にする選手。

来歴[編集]

プレスは7歳の時から、兄と一緒にテニスを始めた。ジュニア時代、彼はデンマークの男子選手として史上初のジュニア世界ランキング1位になり、1999年全豪オープンの男子ジュニア部門で単複優勝を飾った。1998年1999年に「世界スーパージュニアテニス選手権大会」(毎年10月、日本大阪で開催される)の男子シングルスで2年連続優勝したこともある。1999年にプロ入りし、直ちに男子テニス国別対抗戦・デビスカップのデンマーク代表選手に選ばれた。2000年シドニー五輪のデンマーク代表選手にも選ばれ、シングルス2回戦でオーストラリア代表のマーク・フィリプーシスに 4-6, 4-6 で敗れた。

2年後の2001年全仏オープンで、プレスは4大大会本戦に初出場し、この年は全仏オープン・ウィンブルドン全米オープンとも2回戦まで勝ち進んだ。しかし、デビスカップの出場は2001年が最後となった。2002年全豪オープンで初の3回戦進出があったが、これが彼の4大大会自己最高成績である。

その後は故障による長期間の低迷などもあり、ATPツアー大会ではシングルス・ダブルスともに優勝がなく、決勝進出もなかった。

プレスは2009年に現役を引退した。

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン A LQ 3R 1R A LQ LQ 1R LQ A 2–3
全仏オープン A 2R 1R A 1R LQ 1R 2R A A 2–5
ウィンブルドン A 2R 1R A 1R LQ 1R 1R LQ LQ 1–5
全米オープン LQ 2R 2R A 2R LQ 2R 1R LQ A 4–5

外部リンク[編集]