クチン (物質)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カリフラワーの葉の蝋のコーティング

クチン (Cutin) は、植物の地上部分の表面全てを覆うであるクチクラを構成する主な2種類のポリマーのうちの1つである。もう1つはクタンであり、より化石としての保存性が良い[1]。クチンはオメガヒドロキシ酸とその誘導体から構成され、それらはエステル結合で中間サイズのポリエステルポリマーを形成している。

クチンを構成するモノマーには主にC16ファミリーとC18ファミリーの2種類がある。C16ファミリーは主に16-ヒドロキシパルミチン酸と9,16-または10,16-ジヒドロキシパルミチン酸から構成される。C18ファミリーは主に18-ヒドロキシオレイン酸、9,10-エポキシ-18-ジヒドロキシステアリン酸および9,10,18-トリヒドロキシステアリン酸から構成される[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Briggs, D.E.G. (1999), “Molecular taphonomy of animal and plant cuticles: selective preservation and diagenesis”, Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences 354 (1379): 7–17, doi:10.1098/rstb.1999.0356, http://journals.royalsociety.org/index/7TTY8KM0Y9PADF1X.pdf 
  2. ^ Holloway, PJ (1982). "The chemical constitution of plant cutins". In Cutler, DF, Alvin, KL and Price, CE (1982) The Plant Cuticle. Academic Press London, pp 45–85.