クサムラドリ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コトドリ属
ワキグロクサムラドリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
上科 : コトドリ上科 Menuroidea
: クサムラドリ科 Atrichornithidae
: クサムラドリ属 Atrichornis
学名
Atrichornithidae (Stejneger1885)
Atrichornis Stejneger1885
和名
クサムラドリ(叢鳥)
英名
Scrub‐bird

クサムラドリ属(クサムラドリぞく、学名 Atrichornis)は、鳥類スズメ目コトドリ上科クサムラドリ科 Atrichornithidae唯一の属である。クサムラドリ(叢鳥)と総称される。

特徴[編集]

オーストラリアに生息する。

スズメ目で唯一、鎖骨をもたない。

鳴き声は大きく、他の鳥の声も真似る。

地上性で、落ち葉を足で掻きわけて虫や種子を見つけ出して食べる。

分類と系統[編集]

位置づけ[編集]

コトドリ科はクサムラドリ科と共に、スズメ亜目の中で最初に枝分かれしたコトドリ上科を構成する。コトドリ上科は以前はコトドリ亜目 Menurae として独立した亜目とすることもあった。

Sibley分類では、コトドリ上科コトドリ科(コトドリ上科に相当)クサムラドリ亜科 Atrichornithinae に相当する。

[編集]

執筆の途中です この項目「クサムラドリ属」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類