ギラファノコギリクワガタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギラファノコギリクワガタ
Prosopocoilus giraffa sjh.jpg
ギラファノコギリクワガタ Prosopocoilus giraffa
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 甲虫目 Coleoptera
: クワガタムシ科 Lucanidae
: ノコギリクワガタ属 Prosopocoilus
: ギラファノコギリクワガタ P. giraffa
学名
Prosopocoilus giraffa
(Olivier, 1789)

ギラファノコギリクワガタProsopocoilus giraffa)は、昆虫綱甲虫目クワガタムシ科ノコギリクワガタ属に分類されるクワガタムシ。キバナガノコギリクワガタと呼ばれることもある。

分布[編集]

ネパールブータンミャンマータイラオスベトナムカンボジアマレー半島インドインドネシアティモール島フィリピン

形態[編集]

体長オス35 - 118ミリメートル、メス31 - 56ミリメートル。飼育ではオスで最大118.3ミリメートル。世界で最長のクワガタムシである。 体形は全体的に扁平。体色は黒いが、亜種によって光沢が強いもの、弱いもの、上翅がやや褐色の個体もいる。

種小名giraffa が「キリン」を意味する通り、大顎の比率が特に長く、大顎は基部が太く盛り上がり、波打つように曲がっていて、先端は二股に分かれるが、 亜種によって、大顎がやや直線的なものや、やや細いものがいる。内歯(内側のトゲ)は左右対称ではなく、ややずれている。

分類[編集]

ギラファノコギリクワガタは、9亜種分類されている。

Prosopocoilus giraffa giraffa (Olivier, 1789)
ネパールブータンインド北東部、ミャンマータイラオスベトナムカンボジアマレー半島
オス45 - 107ミリメートル、メス31 - 48ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa nirgiriensis Mizunuma et Nagai, 1991
南インド
62.5 - 101.5ミリメートル、メス44.5 - 45ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa borobudur Mizunuma et Nagai, 1991
ジャワ島バリ島スマトラ島南部
オス58 - 98ミリメートル、メス41 - 49.5ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa keisukei Mizunuma et Nagai, 1991
フローレス島ロンボク島タナジャンペア島
オス48.5 - 118ミリメートル メス35.5 - 48.5ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa timorensis Mizunuma et Nagai, 1991
ティモール島ウェター島
オス35 - 91ミリメートル メス35.5 - 45ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa nishiyamai Mizunuma et Nagai, 1991
スラウェシ島
オス47.5 - 101ミリメートル、メス37 - 46ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa nishikawai Mizunuma et Nagai, 1991
サンギール諸島タフナ島
オス55.5 - 96ミリメートル、メス43.5 - 48ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa makitai Mizunuma et Nagai, 1991
ミンドロ島ルソン島
オス47.5 - 103ミリメートル。
Prosopocoilus giraffa daisukei Mizunuma et Nagai, 1991
ネグロス島シブヤン島
オス66 - 108ミリメートル メス44 - 56ミリメートル。

生態[編集]

熱帯雨林に生息しているため、季節に関係なく、連続して発生していると考えられ、主に広葉樹の高木の幹の上で生活するが、詳しい生態については、あまり分っていない。

広葉樹の樹液を食べる。オスは餌場やメスをめぐって争うと考えられる。

メスは広葉樹の朽木に産卵する。幼虫は朽木の中で生活し、その朽木を食べて育つ。他の性的二形の著しいクワガタムシと同様に、オスよりもメスの方が幼虫期間は短い。孵化してから 7 - 14か月で蛹になる。蛹になってから1か月ほどで羽化し、成虫になる。成虫の寿命は5 - 15か月とされる。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。飼育下繁殖個体も見られる。

参考文献[編集]

  • 水沼哲郎・永井信二 『世界のクワガタムシ大図鑑』、むし社、1994年、256頁。
  • 『月刊むし クワガタ特集号・19』438号、むし社、2007年、35頁。

関連項目[編集]