ギマエック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Guimaëc
COA fr Guimaëc.svg
Guimaëc (29) Mairie 02.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) モルレー郡
小郡 (canton) ランムール小郡
INSEEコード 29073
郵便番号 29620
市長任期 ジョルジュ・ロスタンラン
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération du Pays de Morlaix
人口動態
人口 952人
2010年
人口密度 108人/km2
住民の呼称 Guimaécois, Guimaécoise
地理
座標 北緯48度40分04秒 西経3度42分27秒 / 北緯48.667778度 西経3.7075度 / 48.667778; -3.7075座標: 北緯48度40分04秒 西経3度42分27秒 / 北緯48.667778度 西経3.7075度 / 48.667778; -3.7075
標高 平均:m
最低:m
最高:m
面積 18.73km2
Guimaëcの位置(フランス内)
Guimaëc
Guimaëc
公式サイト Site de la commune
テンプレートを表示

ギマエックGuimaëcブルトン語:Gwimaeg)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン。トレゴロワ地方に属する。

歴史[編集]

クリスト礼拝堂と泉

新石器時代から人が暮らしていたことが、巨石記念物の存在で証明されている。ギマエックは、アルモリカの原始教区ploueに属していた。ランムールとロスキレックの教区も設置された。Ploemaecの名はGuimaëcにとって変わって14世紀に消滅した。Guimaëcとはすなわち、聖メック(Maeoc)の町を意味する。Maeocの名には saint Maeoc、saint Mic、saint Nic、saint Mayeux、Saint Mieuxといったバリエーションがあった[1]。伝説によると、聖人の遺体をブルターニュの他にある光栄な土地に埋葬しようとしたが、彼の遺体は墓の外に出てしまい無駄に終わったという。架空のこの聖人は、時には聖メロワール(Saint Méloir)と同一視された。メロワール自身がメラール(saint Mélar)という派生した名称を持っていた。このメラールという名は、現在はなくなっているがかつてサン・メラール礼拝堂が教区内に存在したことで証明されている。

田舎の教区であるギマエックは重要な存在だった。ギマエックは19世紀には人口2000人ほどを数えた。ギマエックでは中世後期から集中的に穀物が生産されていた。この繁栄で、大貴族の領地内にギマエックは含まれた。16世紀には約30の貴族の住宅があり、そのうちの多くでは労働する紳士階級が暮らしていた。

ユグノー戦争時代、ギマエックではオオカミの頭数が増加した。ギマエックやプルガヌのクリスト礼拝堂は、コエニザン領主お抱えの猟師たちに『オオカミの義務』(du devoir du loup)という税を支払っていた。この税金は1599年から1600年にかけ6回支払われた[2]

1980年代、フランス電力はギマエック内のベグ・アン・ブリの崖に原子力発電所を建設する計画を発表した。その後計画はプロゴフの原子力発電所計画に集中したため、ギマエックの計画は放棄された。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
952 910 826 810 880 855 912 952

参照元:1999年以降EHESS[3]、2000年以降INSEE[4][5]

ブルトン語[編集]

2004年12月22日、ブルトン語の日常使用を促進するYa d'ar brezhoneg憲章の批准がコミューン議会で可決された。2008年2月、コミューンに憲章から第2レベルを授けられた。

脚注[編集]

  1. ^ http://marikavel.org/bretagne/guimaec/accueil.htm
  2. ^ Henri Bourde de La Rogerie, L'église de Saint-Jean-du-Doigt ; notes pour servir à son histoire, Bulletin de la Société archéologique du Finistère, 1909, Gallica
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=16445
  4. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  5. ^ http://www.insee.fr