キルペリク2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キルペリク2世
Chilperic II
フランク王
Couronnement de Chilpéric II.jpg
戴冠するキルペリク2世、8世紀の写本より
在位 715年 - 721年
出生 672年
死去 721年2月13日
アティニー
子女 キルデリク3世
王朝 メロヴィング朝
父親 キルデリク2世
母親 ビリキルディス
テンプレートを表示

キルペリク2世(Chilperic II, 672年 - 721年2月13日)は、メロヴィング朝の12代目の国王(在位:715年 - 721年)。

生涯[編集]

キルデリク2世と王妃ビリキルディス(ビリギルド、シギベルト3世の娘)の息子で[1]、幼少期は修道院で過ごし、名をダニエルといった[2]。715年、ダゴベルト3世が死去すると、ネウストリア宮宰ラガンフリド(ラゲンフリート)はダニエルを修道院から連れ出し、王位につけた[2][3]。717年、アウストラシア宮宰カール・マルテルがヴァンシー(Vincy)の戦いでネウストリア軍を破り、キルペリク2世はアキテーヌ公ウードのもとに逃れた[3]。同年、カール・マルテルはクロタール4世(在位:717年 - 718年)を王位につけたが、キルペリク2世はネウストリアにおける支持を保ち続けたため[4]、クロタール4世の王権はアウストラシアに限定された。718年に再びカール・マルテルは勝利し全フランクの宮宰となり、キルペリク2世をパリへ戻した[4]

721年、キルペリクは死去し、カール・マルテルによりテウデリク4世が後継の王に選ばれた[4]

子女[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柴田 他、付録p. 81
  2. ^ a b 柴田 他、p. 154
  3. ^ a b ル・ジャン、p. 36
  4. ^ a b c ル・ジャン、p. 37
  5. ^ 柴田 他、p. 156

参考文献[編集]

  • 柴田三千雄 他 『世界歴史大系 フランス史1』、山川出版社、1995年
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
  • レジーヌ・ル・ジャン 『メロヴィング朝』 白水社、2009年

関連項目[編集]

先代:
ダゴベルト3世
フランク
12代
715年 - 721年
次代:
テウデリク4世