キルデリク2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キルデリク2世
Childeric II
アウストラシア
フランク王
Sou d'or de Childéric II.jpg
キルデリク2世のコイン
在位 アウストラシア王:662年 - 673年
全フランク王:673年 - 675年
出生 653年
死去 675年
ルーアン近郊
埋葬  
サン=ジェルマン=デ=プレ
配偶者 ビリキルディス
子女 キルペリク2世
王朝 メロヴィング朝
父親 クロヴィス2世
母親 バルティルド
テンプレートを表示

キルデリク2世(Childeric II, 653年 - 675年)は、メロヴィング朝の7代目の国王(在位:673年 - 675年)。アウストラシア王(在位:662年 - 673年)。

生涯[編集]

クロヴィス2世の次男。アウストラシア王シギベルト3世の娘ビリキルディスと結婚し、662年キルデベルト養子王が死去した後、アウストラシア王とされた[1]

673年に兄のクロタール3世が死去すると、全フランクの国王とされたが[1]、675年にルーアン近くのブロトンヌの森で、ネウストリア貴族によって王妃とともに暗殺された[2]

墓は1645年パリ近郊で発見されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ル・ジャン、p. 32
  2. ^ 柴田 他、p. 150

参考文献[編集]

  • レジーヌ・ル・ジャン 『メロヴィング朝』 白水社、2009年
  • 柴田三千雄 他 『世界歴史大系 フランス史1』、山川出版社、1995年

関連項目[編集]

先代:
クロタール3世
フランク
7代
673年 - 675年
次代:
テウデリク3世