キリストに倣いて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
De imitatione Christi

キリストに倣いて』(キリストにならいて、De imitatione Christi)は、トマス・ア・ケンピスによって書かれた本である。「第二の福音書」「中世の最高の信心書」とも言われ、聖書に次いでカトリッククリスチャンの霊的修練の書として識字階級に広く読まれ、親しまれている。修道者が修道者のために書いた本であるが、一般の修得書でもある[1]

概要[編集]

ラテン語訳は匿名で1418年ごろに出された。他の著者説もあったが、現代ではケンピスの著書とみなされている。

「キリストに倣いて」は、14世紀から15世紀の神秘的ドイツ・オランダ学校の文書であり、宗教改革前のカトリック・キリスト教のもっとも偉大なディヴォーションの手引きの一つと認められている。 イエズス会は公式に訓練で使用する。ローマ教皇を中心とするカトリック教会だけでなく、多くのプロテスタントもこの本に高い評価を与えており、ムーディ出版が出している。 日本でも16世紀後半に『こんてむつすむんぢ(世のはかなさ)』として翻訳され、刊行された[2]

逸話[編集]

ジョン・ウェスレージョン・ニュートンは、回心に影響を与えた著書としてあげている。ゴードン将軍はこの書を持って戦場に赴いた。

構成[編集]

  • 第一巻 霊的生活に役立つ勧めはここにはじまる  
  • 第二巻 内的生活のための勧めはここにはじまる
  • 第三巻 内的な慰めの書はここにはじまる
  • 第四巻 聖体拝領への信心の薦めはここにはじまる[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『キリストにならう(De imitatione Christi)』フェデリコ・バルバロ訳、ドン・ボスコ社、改訂版第6版、2015年7月7日。1-2頁。ISBN 978-4-88626-325-4
  2. ^ 古巣馨『ユスト高山右近 いま、降りていく人へ』ドン・ボスコ社、3刷、2014年7月4日。125-126頁、143頁。ISBN 978-4-88626-568-5
  3. ^ 『キリストにならう(De imitatione Christi)』フェデリコ・バルバロ訳、ドン・ボスコ社、10-18頁。

外部リンク[編集]