キュクロープス (ルドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『キュクロープス』
フランス語: Le Cyclope
Redon.cyclops.jpg
作者オディロン・ルドン
製作年1914年ころ、あるいは1898年-1900年ころ
種類カンバス油彩
寸法64 cm × 51 cm (25 in × 20 in)
所蔵クレラー・ミュラー美術館オランダオッテルロー

キュクロープス』(フランス語: Le Cyclope)は、「最も有名なキュクロープス(一つ目の巨人ポリュペーモスに愛された、不運なナーイアス(水辺の妖精)ガラテイア」を主人公とする神話を描いた、オディロン・ルドンの絵である。

概要[編集]

神話における大部分のキュクロープスと同様に、ポリュペーモスは、獲物を狩って食べ尽くす野生の生き物、悪役として登場する。

この題材は以前から、画家ギュスターヴ・モローなどによって描かれていたが、ルドンはこの神話を取り上げ、新たなポリュペーモス像を生み出した。

ルドン版におけるポリュペーモスは、恐ろしくない、受動的な生き物として描かれている。

普通なら災厄であるはずの獣が、それまでのルドンの諸作品に見られるような、大きなひとつの眼で、やさしく見つめている姿で描かれる。ナーイアスであるガラテイアは、裸の無防備な姿で植物の上に横たわっている。

ポリュペーモスはこの「性的に成熟した処女」("sexualized maiden")を優しいひとつ眼でじっと見つめているように見える。

ポリュペーモスは、恥ずかしくてガラテイアの「あられもない」("helpless")姿とじかに向かい合うことができず、岩山のかげに身を隠している[1]

ルドンは、主題の選択や美術的試みにおいて典型的な枠組にはまっていなかった。ポリュペーモスの一般的な表現からの逸脱は、彼の夢のようなスタイルと美術的規範からの逸脱に影響されたものであった。

ルドンの前半生[編集]

ルドンは1840年4月20日、ボルドーに生まれ、努力して美術界入りした。彼は美術学校の入学試験に一度で合格することができず、その挫折ののちにさえ、彼の美術作品は最初、象徴主義の人々にのみ知られ評価されただけだった。

ルドンは、モネルノワールのような美術家と同年輩であったが、印象主義と呼ばれた彼らのスタイルは追及しなかった。

ルドンの美術は、生前は広くは認められなかった。彼は、多くの有名な同時代人に比べると、よそ者扱いされていた。サロンは彼の作品を認めなかったし、彼は1881年のラ・ヴィ・モデルヌ(La vie moderne)と1882年のル・ゴロワ(Le Gaulois)を除けば、彼の作品が展示されることは滅多になかった。

想像力の深みから描くことをルドンは説明している。

「父はよくわたしに言ったものである:『あの雲を見なさい、父さんとおなじように見えるかい、あの変わりつつある形が?』と。それから父は変わりつつある空に、見たこともないような生き物や、素晴らしく驚くような情景を示してくれたものである。」

ルドンが創造したものの多くは、彼の心の目から生じたものだった。しばしば彼は、心の眼からイメージを呼び出して時間を過ごしたものであった。

彼独自の言葉で彼はそのスタイルを説明している。

「わたしの独創性は、ありそうもない生き物を、人間的なやりかたで生き返らせ、現実世界の論理を - できるかぎり - 幻想世界にあてはめることによって、自然法則と蓋然性にしたがって彼らを生きさせることにある。」[2]

この神話上の主題は、ヒエロニムス・ボスおよび作家エドガー・アラン・ポーと似て、当時においては清新なものであり、アンドリエス・ボンガー(Andries Bonger)の眼を引いた。ボンガーは、ルドンの作品の最初の収集者になり、やがて二人は親友になった。ルドンが美術界で高い評価を得ることになるのは、この関係を通じてであろう[3]

他の諸作品[編集]

キュクロープス・ポリュペーモスは、ルドンの作品を彩った最初の神話上の生き物ではなかった。

ケンタウロスペガサスサテュロスセイレーン、そしてヒトの頭をした蜘蛛でさえもまた、彼の絵とデッサンにしばしば現われている。

1883年になされた8点の石版画の連作『起源集』(英語:The Origins)において、ルドンは、連作における第3番として知られる別のキュクロープスを描いている。これはスタイルにおいて、より大きな油彩のキュクロープスとかなりの類似性が見られる。いずれも目が大きく、もしその表現の繊細さが無かったならば、威嚇されるような印象があったであろう。第3番のキュクロープスは、空をじっと見上げながら、無邪気に微笑している。

背景ははっきりしないが、戸外のようだ。

「岸辺にぶかっこうなポリプが浮かんでいた、微笑している醜いキュクロープスのようなものが。」

キュクロープスは、通常は嫌悪と恐怖を与えるものとされるが、ルドンのそれは見る者の心に恐怖心を与えようとしていない。

連作における残りの挿絵と同じように、リトグラフのキュクロープスは、その顔は本来醜いのかもしれないが、その醜さは油彩のものと同じ優しい筆致の下に隠されている[4]

「ルドンの全経歴は、自然界におさまらない何かを描く途を見つけることにあった。彼が描く怪物は、彼の芸術家としての足跡の特異性を図らずも象徴している:芸術は、怪物そのもののように、ヒトとヒトでないもの、醜いものと美しいものを区別しようとする心の陥穽を、我々に気付かせてくれる[5]。」

印象主義者ルドン[編集]

『キュクロープス』は、その「色使いと点描の筆使い」に基づけば印象主義のカテゴリに当てはまるものの、当時のほかの印象主義の作品や画家とはその主題において著しく異なっている。

ルドンは、想像上の何がしかを描くことを選んだ。なるほど、ルドンは架空の事物とありえないような獣たちで満たされた「強烈な内的世界」に「憑かれて」いた。その情景は夢の世界から来たものだ。しかし、その色と表現は印象主義のセオリーに適合している。

ルドンは恥ずかしがりやで見たところ内向的なキュクロープスを「あたかもそれが眼前にあるかのように、題材にふさわしいと感じた雰囲気に調和する鮮やかな色相を、贅沢に、個性的に使いこなしながら」描いた。

キュクロープスは、自分のえじきとなったガラテイアを愛しているように思われ、彼女をきわめて慎重に保護する一方、同時に自身は彼女から身を隠し、彼女が気を遣わずに済むようにしている[6]

ルドンはしばしば、私的な現実を描く画家と評された。彼は「言葉にできないものを『描く』のみならず、呼び起こす」こともできると言われた[7]

脚注[編集]

  1. ^ Druick, Odilon Redon: Prince of Dreams, 345-346.
  2. ^ Kleiner and Mamiya, Art Through the Ages, 889.
  3. ^ Leeman, Masterpieces from the Andries Bonger Collection, 57 and 73-74.
  4. ^ Redon, The Black Album, 88-93.
  5. ^ Hauptman, Beyond the Visible, 59.
  6. ^ Kleiner and Mamiya, Art Through the Ages, 888-889.
  7. ^ Bacou, Odilon Redon: Pastels, 9.

参考文献[編集]

  • Bacou, Roseline. Odilon Redon: Pastels, New York: George Braziller Incorporated, 1987.
  • Druick, Douglas W. Odilon Redon: Prince of Dreams, Chicago: Art Institute of Chicago, 1994.
  • Hauptman, Jodi. Beyond the Visible: The Art of Odilon Redon. New York: The Museum of Modern Art, 2005.
  • Kleiner, Fred S. and Christin Mamiya. Gardner's Art Through the Ages. California: Wadsworth and Thomson Learning, 2005.
  • Leeman, Fred. Odilon Redon and Emile Bernard: Masterpieces from the Andries Bonger Collection. Zwolle: Waanders Publishers, 2009.
  • Redon, Odilon. I am the First Consciousness of Chaos: The Black Album. Washington: Solar Books, 2010.