キバナオウギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キバナオウギ
Astragalus membranaceus.jpg
キバナオウギ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ゲンゲ属 Astragalus
: キバナオウギ A. membranaceus
学名
Astragalus membranaceus (Fisch.)
和名
キバナオウギ
英名
membranous milk-vetch

キバナオウギ(黄花黄耆)とはマメ科ゲンゲ属多年生高山植物。学名Astragalus membranaceus。別名タイツリオウギ。本州中部以北と北海道、中国、朝鮮半島の亜高山帯から高山帯にかけての草地・砂礫地に分布する。花期は7~8月頃で淡黄色の蝶形花を咲かせる。中国、朝鮮半島では、生薬として使用される。

生薬[編集]

本種または同属のナイモウオウギA. mongholicus)の根は黄耆(オウギ)という生薬である(日本薬局方に収録)。

本薬中の有効成分はフラボノイドサポニンγ-アミノ酪酸(ギャバ、GABA)など。

黄耆には止汗、強壮、利尿作用、血圧降下等の作用がある。黄耆を含む漢方方剤は防已黄耆湯、桂枝加黄耆湯、黄耆建中湯などがある。

ドラマの中で[編集]

外部リンク[編集]