黄耆建中湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)は漢方薬のひとつ。『金匱要略』の「血痺虚労病篇」に収載されている薬方。

構成生薬[編集]

効能・適応症[編集]

  • 調和営衛・緩急止痛・益気実衛
  • 虚弱体質、病後の衰弱、ねあせなどに用いるほか、アレルギー性鼻炎・慢性中耳炎・皮膚潰瘍などにも用いられる。

類方[編集]

  • 小建中湯 - 小建中湯に黄耆を加えると黄耆建中湯になる。
  • 帰耆建中湯 - 黄耆建中湯に当帰を加えると帰耆建中湯になる。