キコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キコ Football pictogram.svg
名前
本名 フランシスコ・ミゲル・ナルバエス・マチョン
Francisco Miguel Narváez Machón
愛称 キコ、キコゴル (Kikogol)
ラテン文字 KIKO
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1972年4月26日(43歳)
出身地 アンダルシア州, カディス県, ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ
身長 189cm
体重 88kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1991
1991-1993
1993-2001
2001-2002
スペインの旗カディスB
スペインの旗 カディス
スペインの旗 A・マドリード
スペインの旗 エストレマドゥーラ
? (?)
78 (12)
225 (48)
11 (1)
代表歴
1991
1992-1994
1991–1992
1992–1998
スペインの旗 スペインU-19
スペインの旗 スペインU-21
 スペインU-23
スペインの旗 スペイン
1 (0)
5 (2)
12 (7)
26 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
オリンピック
サッカー
1992 男子

キコ(Kiko)ことフランシスコ・ミゲル・ナルバエス・マチョン(Francisco Miguel Narváez Machón, 1972年4月26日 - )は、スペインヘレス・デ・ラ・フロンテーラ出身の元サッカー選手スペイン代表であった。1990年代のアトレティコ・マドリードを代表するフォワードである。

経歴[編集]

クラブ[編集]

カディス県ヘレス・デ・ラ・フロンテーラに生まれ、地元のカディスCFで育った。1991年4月14日のアスレティック・ビルバオ戦(2-3)でデビューした。1990-91シーズンは5試合に出場しただけだったが、6月9日のレアル・サラゴサ戦(2-1)では83分にペナルティキックで決勝点を挙げた。カディスCFはプリメーラ・ディビシオン(1部)残留が危ぶまれていたが、この得点でプレーオフ進出を果たし、プレーオフではCDマラガを破って残留を決めた。1991-92シーズンからの2シーズンは絶対的なレギュラーとしてプレーしたが、1992-93シーズン終了後にセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定し、チームメイトのホセ・マリア・ケベド(José María Quevedo)とともにアトレティコ・マドリードに移籍した。1995-96シーズンには得点とアシストを量産し、リーグ戦とコパ・デル・レイの2冠に輝いた。アトレティコ・マドリードは1999-2000シーズン終了後にセグンダ・ディビシオン(2部)降格が決定したが、キコはチーム残留を決意した。しかし、1999-2000シーズンと2000-01シーズン合計で52試合に出場して1得点に終わっている。2001年にはセグンダ・ディビシオンのCFエストレマドゥーラに移籍し、長年プリメーラ・ディビシオンでプレーしたFWピエル・ルイジ・ロッジ(Pier Luigi Cherubino)とコンビを組んだ。半年間プレーし、その後現役引退した。

代表[編集]

1992年夏にはバルセロナオリンピックに出場した。決勝のポーランド戦(3-2)ではロスタイムに決勝点を挙げ、金メダル獲得に大きく貢献した。同年12月16日、1994 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ラトビア戦で先発出場してスペイン代表デビューし、その試合はフル出場した。1996年にはイングランドで開催されたUEFA欧州選手権1996に出場した。1998年にはフランスで開催された1998 FIFAワールドカップに出場し、グループリーグ最終戦のブルガリア戦では2得点を挙げ、前回大会ベスト4のチームを6-1で破る原動力となったが、1勝1分1敗でグループリーグ敗退に終わった。スペイン代表では通算26試合に出場して5得点を挙げた。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

外部リンク[編集]