ガーバー マークII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Gerber Mark II
Gerber Mark II.jpg
アルマイトの施されたガーバー マークII。
種類 ダガー
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1966年
開発史
開発期間 1966年 - 現在
製造業者 Gerber Legendary Blades
製造期間 1967年 - 2000年
2008年 -
テンプレートを表示

ガーバー マークII(Gerber Mark II)は、ガーバー・レジェンダリー・ブレード社が設計した戦闘用ナイフである。1967年から2000年まで製造され、2002年に35周年記念モデルとして1500本が追加で製造された[1]。また2008年7月現在、生産を再開している[2]アメリカ陸軍退役大尉バド・ホールズマンによって古代ローマ時代のマインツ型グラディウスをモデルに設計された[1][2]

概要[ソースを編集]

マークIIは16.5センチメートルのくびれたのような諸刃を有し、第二次世界大戦中にブリティッシュ・コマンドスのために開発されたフェアバーン・サイクス戦闘ナイフに似通った特徴的な柄[3]を持つ。ベトナム戦争アメリカ軍によって使用され、評判はKa-Barナイフの次に良好だった[3]。ノンフィクションの殺人手引書として出版され、後に実際の殺人にも使われ物議をかもしたパラディン・プレス英語版社の書籍『Hit Man: A Technical Manual for Independent Contractors』では、 マークIIの使用が推奨されていた[4]

ベトナム戦争の間、最初に生産されたマークIIには鞘からの抜き差しを容易にし、またフェンシングのフルーレと似た握り方をするため柄と刃の間に5度の角度が設けられていた[1][2]。しかしこの機構はユーザーから「曲がった刃」と認識され、多数が返品されたため、ガーバー社は以降の生産からこの機構を排除した。後に限定生産された1986年の20周年記念モデルは角度をつけて復刻されている。1970年代には、軍の基地及び駐屯地の売店でマークIIは「好みと合わない」「残虐すぎる」などの理由で販売されなくなった[3]。ナイフ設計者としてガーバーで働いていたアルフレッド・クラーク・マー(後のアルマー・ナイフ英語版の創設者)は柄の付近に鋸歯を取り付け、「サバイバル・エイド」として基地の売店でアピールし、戦闘用ナイフとしてよりはむしろサバイバルナイフとしての販売を再開した[3]

戦闘用以外にも狩猟時の止め用のナイフとしても使用されている。初期には少数のダイバーズナイフモデルも存在する。 限定モデルとして真鍮製のヒルトとウッドハンドルを持つプレゼンテーションモデルや、刀身にベトナム戦争時代のアメリカ4軍(陸軍、海軍、空軍、海兵隊)のイラストをプリントし、柄にバッジを取り付けたベトナム戦争記念モデルが存在する。

柄は当初はアルミ製の柄にステンレス粉を吹き付けて樹脂で接着したものであったが、後にアーモハイドという名称で知られてる樹脂の吹き付け加工のグレーハンドルに変更され、1980年代に黒色のアルマイト加工された物(ステンレス粉吹き付けのCSハンドルも存在する)に変更された。

刀身に使用する鋼材も初期はL6工具鋼であったが、1980年代にアルマイト柄のモデルから440Cステンレス鋼へ変更され(20周年記念モデルはL6鋼を使用)、2002年の35周年記念モデルでは154CMステンレス鋼、2008年以降のモデルは420HCステンレス鋼を使用している。初期のモデルは使用する鋼材と刃の形状により、ダガーとしては高い切れ味を持つ。

初期モデルに付属していたシース(鞘)は皮製であったが、高温多湿なベトナムで使用するには貧弱な造りであり劣化しやすいことが難点であった。1980年代以降の440Cモデルには頑丈なナイロン製シースが付属していた。

ガーバー社はマークIとして知られているマークIIの小型版を製造した。マークIは12センチメートルの刃を有し、ブーツナイフとして販売された。[5]

兄弟的なモデルとして刃を片側のみにしたコマンドⅡやコマンドⅠも販売されている。

登場作品[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

マッドマックス2
1981年メル・ギブソンによって使用され、マークIIはさらなる人気を得た。
エイリアン2
1986年。マークIIの刃の黒いモデルが食堂でのシーンに登場する。
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
2014年。ウィンターソルジャーがキャプテン・アメリカとの戦いでマークIIを使用する。

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c Pacella, Gerard (2002). 100 Legendary Knives. Iola, Wis.: Krause Publications. p. 145. ISBN 0-87349-417-2. 
  2. ^ a b c Dick, Steven (November 2008). “Vietnam Legend Returns”. Tactical Knives Magazine: 30. 
  3. ^ a b c d Walker, Greg (1993). Battle Blades: A Professional's Guide to Combat/Fighting Knives. Boulder, Colo.: Paladin Press. p. 30. ISBN 0-87364-732-7. 
  4. ^ Feral, Rex (1983). Hit Man: A Technical Manual for Independent Contractors. Boulder, Colo.: Paladin Press. ISBN 0-87364-276-7. 
  5. ^ Loveless, Bob; Richard W. Barney (1995). How to Make Knives. Iola, WI: Krause Publications. p. 71. ISBN 978-0-87341-389-3. 

外部リンク[ソースを編集]