ガンビア川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇宙から見たガンビア川西部。線はガンビア国境を示す。

ガンビア川(Gambia River)は、アフリカ西部を流れる河川である。下流部分の半分以上とその両岸からなる、アフリカで一番小さな国であるガンビアのおかげでこの川はよく知られている。

地理[編集]

ギニア北部のフータ・ジャロン高原から西に向かいバンジュール市の大西洋まで1130キロメートル(700マイル)を流れる。そのうちの約半分ほどが渡航可能である。フータジャロンから北西に、セネガルタンバクンダ州、ニョコロ=コバ国立公園Nieri KoKoulountouと続きガンビアのFatotoに流れる。ここから西へ流れるが、いくつもの三日月湖を通りながらコースをくねらせ、河口から100キロメートルほどのところから徐々に川幅が広がり、海へ流れる頃には10キロメートルを超える。

ジュフレ近くの河口付近に奴隷貿易に使われた場所で現在国際連合教育科学文化機関世界遺産として登録されているクンタ・キンテ島がある。

関連項目[編集]

ルーツ
アフリカ系アメリカ人の作家、アレックス・ヘイリーが発表した小説[1]。彼自身のアメリカの家族史をアフリカまで辿る物語で、ガンビア川が一つの手がかりとして登場する。
小説によると、彼は一族のルーツを辿るにつき、彼の一族が世代から世代へと伝えていった言葉の一つである「カンビ・ボロンゴ(Kamby Bolongo)」に目を付けた。彼は「ボロンゴ」がマンディンカ語で「動く水」または「川」という意味であると突き止め、その言葉がガンビア川を意味するのではと予測する。彼がガンビア川北岸のジュフレを訪れたとき、マンディンカ語にはgの音素がなく、川の名前を「ガンビア」ではなく「カンビヤ」と発音する一族の語り部によって彼の理論はついに証明される。
後にテレビドラマ化され人気を博すとガンビアへ探求の旅を楽しむ旅行者が増えるなどアフリカ系アメリカ人社会へ大きく影響を及ぼした。

脚注[編集]

  1. ^ この小説は自伝的作品ではあるが、一部に創作された内容も含まれている。