サルーム川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サルーム川
サルーム・デルタ

サルーム川Saloum)は、セネガルを流れる全長250Kmの河川である。著しい乾燥気候のため塩分濃度は海洋部よりも高く、中流部のカオラック周辺では製塩事業が盛んである。

流路[編集]

カオラックフンジュンを経て、概ね西方向に流れており、シヌ川などとともにデルタ地帯サルーム・デルタ)を形成し、大西洋に注いでいる。

生物[編集]

フンジュン以西のデルタ地域はマングローブの繁殖地で、野鳥が多く見られ、サルーム・デルタ国立公園となっている。