ガルフエア771便爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガルフエア771便爆破事件(Gulf Air Flight 771)とは、ペルシャ湾岸諸国が共同出資して設立されたガルフエアの航空機に対する航空テロである。パレスチナゲリラのアブ・ニダルが関与したとされている。

事件の概要[編集]

1983年9月23日パキスタンカラチからアラブ首長国連邦アブダビを経由し、バーレーンマナーマに向かう予定であったガルフエア771便(ボーイング737-200、機体記号:A40-BK)が、アブダビへの着陸進入中に手荷物室で爆発物が爆発した。爆弾は機体を空中分解させなかったが、直後に火災が発生し搭乗者は有毒ガスで即死したものとみられる。そのため、アブダビから北東約50Km離れたMina Jebel Ali近郊の砂漠に墜落した。この事故で乗員6名、乗客105名の合わせて111名全員が犠牲になった。

事件の背景[編集]

爆弾は、パレスチナゲリラのうち、アブ・ニダル組織に対して支援金を払うようにサウジアラビア政府などを脅迫するために仕掛けられたとされている。この事件の後で、クウェートとアラブ首長国連邦はすぐ後に支払ったという。また、一部には飛行機が地面からの砲兵射撃によって誤って撃たれたという陰謀論もあるという。

外部リンク[編集]