カール・フリードリヒ・キールマイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・フリードリッヒ・キールマイヤー

カール・フリードリッヒ・キールマイヤー(Carl Friedrich Kielmeyer、1765年10月22日 - 1844年9月24日)は、ドイツ生物学者である。ホーエン・カールス・シューレ(Hohen Karlsschule)で教え、ジョルジュ・キュヴィエらに影響を与えた。

生涯[編集]

バーデン=ヴュルテンベルク州バーベンハウゼン(Bebenhausen)に生まれた。シュトゥットガルトのホーエン・カールス・シューレで学んだ。この学校は士官学校を起源とし、文官のための教育も行うようになった学校で厳しい教育で知られる学校である。1786年に卒業し、母校で教えながら、ゲッティンゲン大学で、ヨハン・フリードリヒ・ブルーメンバッハゲオルク・クリストフ・リヒテンベルクヨハン・フリードリヒ・グメリンらに学んだ。1790年にホーエン・カールス・シューレの動物学教授になり自然史コレクションの学芸員となった。1792年にシュトゥットガルトの化学の教授になり、1796年にホーエン・カールス・シューレが閉鎖されるとテュービンゲン大学化学植物学の教授に任命された。1816年にシュトゥットガルトに戻り、自然史コレクションの館長になった。1808年などに十字章を叙勲した。

ホーエン・カールス・シューレの教師として、ジョルジュ・キュヴィエと親しく交流し、キュヴィエの研究を助けた。ドイツの自然哲学派の先駆者の一人で、生物をすべて共通の根源から展開したみる立場から、比較解剖学の研究を重視した[1]進化論の先駆ともいえるこの考え方は、キールマイヤーの講義で示されたが自ら出版するころはなかった、

著作[編集]

  • Ueber die Verhältniße der organischen Kräfte unter einander in der Reihe der verschieden Organisationen, Stuttgart 1793

参考文献[編集]

  1. ^ 『新訳ダンネマン大自然科学史 (8) ダンネマン (著)、安田徳太郎、出版社:三省堂; 復刻版 (2002/11) ISBN 4385361061