安田徳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年

安田 徳太郎(やすだ とくたろう、1898年1月28日 - 1983年4月22日)は、医者歴史家京都市生まれ。京都帝国大学医学部卒。

人物[編集]

妹はタカクラ・テル夫人。父の死後一家が伯母(山本宣治の母)の経営する旅館 (花やしき)に引き取られる。1920年京大医学部入学。在学中から従兄の山本宣治産児制限運動に関わる。1930年医学博士。さらに無産運動に関係し、医師としてこれを支援。1933年共産党シンパとして検挙された。1942年にはソビエト連邦スパイ事件であるゾルゲ事件に連座し逮捕、有罪判決を受けた。

また、唯物論科学思想史の研究を行い、ジークムント・フロイトの翻訳などをする。戦後は『人間の歴史』や『万葉集の謎』(「日本人の歴史1」)などで歴史家として著述活動を行った。門外の立場から、日本語の起源はレプチャ語であるとする説を唱えた。長男は安田一郎

評価[編集]

言語学者服部四郎は、『人間の歴史』を興味深い内容が平易に書かれているとして高く評価している。 一方で、その中の日本語の起源に関する部分において、安田の学説批判が政治的な背景や、個人的見解に基いており、研究過程を無視していることや、研究手法の誤りを指摘、反論している。 後に、安田は『万葉集の謎』において自身の研究は幼稚であったと自己批判し、また、『人間の歴史』における説を撤回した。 以降はこの指摘を考慮にいれた研究がなされている[1]。 服部は安田のこの率直な姿勢を、貴いものだと述べている[2]

著書[編集]

  • 『生理・心理』南宋書院(無産者自由大学)1927
  • 『社会診察録』サイレン社, 1936
  • 『化学療法の啓蒙』東洋経済出版部, 1939
  • 『世紀の狂人』岩波新書 1940
  • 『医学の階級性』弘文堂書房(アテネ文庫)1948
  • 『性科学の基礎知識』世界評論社 1950
  • 『人間の歴史』全6巻 光文社 1951-57
  • 『日本人の歴史』全2巻 光文社(カッパ・ブックス)1955-56
  • 『日本語の祖先』大陸書房 1976
  • 『思い出す人びと』青土社 1976
  • 『日本の故郷はヒマラヤ山麓』大陸書房, 1983
  • 『二十世紀を生きた人びと 安田徳太郎選集』青土社, 2001

翻訳[編集]

  • シユトラツツ『女性美の研究』アルス, 1924
  • フロイド『精神分析入門』アルス 1926-28、新版角川文庫
  • フロイド『芸術と精神分析』ロゴス書院, 1929
  • 『フロイド精神分析大系第1 ヒステリー』アルス 1930
  • イーリン『五ケ年計画の話 新ロシア入門』鉄塔書院, 1931
  • ジェ・リフシツツ『弁証法的唯物論叢書第3 臨牀医学と弁証法的唯物論』ナウカ社, 1933
  • フリードリヒ・ダンネマン『大自然科学史』全6巻 加藤正共訳 三省堂 1941-43
  • エドゥアルト・フックス風俗の歴史』全10巻 光文社, 1953-59、1966-67/新版角川文庫全9巻、1971、復刊1990
  • ダンネマン『大自然科学史』第7-10巻・別巻 三省堂出版 1954-60
  • フロイド『性と愛情の心理』安田一郎共訳 角川文庫 1955 
  • グラディヴァ『文学と精神分析』安田洋治共編訳 角川文庫 1960
  • エドゥアルト・フックス『エロチック美術の歴史』青土社 1981
  • エドゥアルト・フックス『エロティック美術の巨匠たち』青土社 1983

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 問題が完全に解消されたわけではない。
  2. ^ 服部四郎『日本語の系統』岩波書店岩波文庫〉、1999年(初出1959年)。ISBN 4003368517。 「三 安田徳太郎博士の著書の批評」96頁―115頁