カール・シュミット=ロットルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・シュミット=ロットルフ
Gedenktafel Schützallee 136 (Zehld) Karl Schmidt-Rottluff.JPG
ベルリンにあるシュミット=ロットルフの墓銘碑
生誕 (1884-12-01) 1884年12月1日
ドイツの旗 ドイツ帝国Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svgザクセン王国・ロットルフ
死没 (1976-08-10) 1976年8月10日(満91歳没)
西ドイツの旗 西ドイツ西ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
著名な実績 画家, 版画家
運動・動向 ブリュッケ

カール・シュミット=ロットルフ(Karl Schmidt-Rottluff、1884年12月1日 - 1976年8月10日)は、ドイツ画家版画家印象主義の作風で知られ、ブリュッケの作家の一人として活躍した。キルヒナーに通ずる大胆な色彩を用いる作風で知られる他、木版画も多数残している[1]

略歴[編集]

本名はカール・シュミット。帝政ドイツザクセン王国(現在のザクセン州)にあるロットルフ(現在のケムニッツ)という町で生まれた。はじめは建築を学んだが、後に絵画へ転向[1]

1905年、カールはエルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナーらとともに、ドレスデンでブリュッケ(ドイツ語で「橋」の意)を結成[2]。同じ頃、生地ロットルフにちなんで、シュミット=ロットルフの名を名乗るようになった。同年11月に、ブリュッケの初の展覧会をライプツィヒで開催した。1913年にブリュッケは解散。

1930年代に入り、ナチスが台頭すると、シュミット=ロットルフは退廃芸術家の烙印を押され、迫害された[3]

1976年8月10日に死去、そのころにはブリュッケのメンバーの最後の一人となっていた[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 座右宝刊行会編(1964年)p.26
  2. ^ 座右宝刊行会編(1964年)p.44
  3. ^ 座右宝刊行会編(1964年)p.27
  4. ^ Dietmar Elger (2003) Expressionism: A Revolution in German Art. Taschen America Llc

参考文献[編集]

  • 座右宝刊行会編『世界の美術25 現代の美術』(1964年、河出書房)

外部リンク[編集]