カール・アロイス・フォン・リヒノフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵、ラインヴァルト・フォン・ゲーデル(Leinwand von Goedel )画、1800年

カール・アロイス・ヨハン・ネポムク・ヴィンツェンツ・フォン・リヒノフスキーKarl Alois Johann Nepomuk Vinzenz Fürst von Lichnowsky, 1761年6月21日 ウィーン - 1814年4月15日 ウィーン)は、ブランデンブルク=プロイセンシレジア地方の上級貴族、大地主。侯爵(フュルスト)。神聖ローマ皇帝オーストリア皇帝)の宮廷で侍従として仕えた。同時代の大音楽家ベートーヴェンの後援者として知られる。

生涯[編集]

ヨハン・カール・フォン・リヒノフスキー侯爵(Ferdinand Carl Johann Fürst von Lichnowsky)とその妻のカロリーネ・フォン・アルトハン(Caroline von Althann)の間の息子として生まれ、1788年に父から侯爵家の家督を継いだ。1776年から1782年まではライプツィヒゲッティンゲンで法学を学んだ。ゲッティンゲンに滞在中に音楽理論家のヨハン・ニコラウス・フォルケル(Johann Nikolaus Forkel)と知り合い、その影響でヨハン・ゼバスティアン・バッハの楽曲の原稿を収集するようになった。

リヒノフスキーは最初、モーツァルトを経済的に援助し、1789年には彼をベルリンへの演奏旅行に連れ出している。またモーツァルトに対して個人的に金を貸していたが、モーツァルトに返済する能力は無かった。リヒノフスキーはモーツァルトを告訴し、モーツァルトの死の数週間前の1791年11月9日に、オーストリアの下級裁判所はモーツァルトに対し、侯爵に1435フローリンその他を支払うことを命じた。裁判所はモーツァルトがウィーン宮廷から支払われている年俸800フローリンを差し押さえることを通告している。

侯爵はまた、ベートーヴェンの最も有力な後援者の1人に名を連ねた。1796年には、ベートーヴェンをプラハ、ベルリンへの演奏旅行に連れ出している。1800年より、リヒノフスキーはベートーヴェンが定職を見つけるまでの約束で年額600フローリンの手当てを与えるようになったが、ベートーヴェンが就職することはついに無かった。しかし1806年に2人は大喧嘩をして決別する。リヒノフスキー家の所領に滞在中だったベートーヴェンが、侯爵家で催されたフランス人士官たちの歓迎会で演奏することを拒んだことが原因だった。

1809年、個人的にはベートーヴェンと仲たがいしまたままだったにもかかわらず、ルドルフ大公およびフェルディナント・フォン・キンスキー侯爵とともに、共同でベートーヴェンの年金を支給することを約束した。ところがナポレオンのウィーン進軍などの政治的混乱から年金が滞ったため、ベートーヴェンは後にリヒノフスキーとキンスキーに対して訴訟を起こしている。

ベートーヴェンは「ピアノ三重奏曲」(1793年)、「パイジェルロの歌劇〈水車小屋の娘〉の主題による9つの変奏曲」(1795年)、「ピアノソナタ第8番」(1798年)、「ピアノソナタ第12番」(1801年)、「交響曲第2番」(1802年)をリヒノフスキーに献呈した(いずれも1806年以前の作品である)。

1788年11月24日にトゥーン・ウント・ホーエンシュタイン伯爵家の令嬢クリスティアーネ(1765年 - 1841年)と結婚した。義母のヴィルヘルミーネもモーツァルトおよびベートーヴェンの支援者であり、また義兄(妻の姉の夫)のアンドレイ・ラズモフスキー伯爵もベートーヴェンの重要な後援者だった。死後、侯爵家の家督は長男のエドゥアルトが継いだ。

参考文献[編集]

  • Clive, Peter (2001) Beethoven and his World: A Biographical Dictionary. Oxford University Press.
  • Deutsch, Otto Erich (1965) Mozart: A Documentary Biography. Stanford, CA: Stanford University Press.
  • Grove Dictionary of Music and Musicians, article "Lichnowsky". Online edition. Copyrighy 2007 by Oxford University Press. The article is by Elliott Forbes and William Meredith.
  • Nosow, Robert (1997) "Beethoven's popular keyboard publications," Music and Letters 56-76.
  • Solomon, Maynard (1995) Mozart: A Life. New York: Harper Collins.

外部リンク[編集]