カーター記念球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カーター記念球場
Cater Memorial Studium
Cater Memorial Studium.jpg
内野スタンドとフィールド
施設データ
所在地 広島県三次市甲奴町本郷861番地
開場 1992年3月
所有者 三次市
管理・運用者 暮らしサポートみよし(指定管理者
グラウンド 内野:土、外野天然芝
照明 照明塔:6基
使用チーム • 開催試合
広島県高校野球秋季大会予選など
収容能力
1,000人(内野:500人、外野500人)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:14,000m2
両翼:91m
中堅:120m

カーター記念球場(カーターきねんきゅうじょう)は、広島県三次市甲奴町にある野球場である。カーターとは第39代アメリカ合衆国大統領であったジミー・カーターに因んで命名された。

概要[編集]

甲奴町内にある寺院である正願寺の梵鐘が第二次世界大戦中の1942年金属供出されたが、なんらかの事情により兵器製造のために鋳潰されず放置されていたところイギリス人が入手し、その子息がアメリカに移住後売りに出した。この時に現地の日本人会が購入しアトランタにあるカーターセンターに寄贈した。その後梵鐘に刻まれた文字で元の所有者が判明し、それが縁でカーターとの交流がはじまり、1990年にはカーター本人も訪問した。

1992年に落成した球場を「カーター記念球場」と命名された。また1994年には隣接地にジミー・カーター・シビックセンターが落成している。なお、球場の施設自体には球場名が明記されていないが、アクセス道路の案内には日本語と英語で表記されている。

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:14,000m2
  • 両翼:91m 中堅:120m
  • 収容人員:1,000人(内外野:各500人)
  • 照明:照明塔6基
  • スコアボード:あり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]