カン・ジェギュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カン・ジェギュ
강제규
生年月日 1962年11月27日(52歳)
出生地 韓国慶尚南道(キョンサンナムド)馬山(マサン)[1]
国籍 韓国の旗 韓国
職業 映画監督
活動期間 1996年[1] -
主な作品
シュリ
ブラザーフッド
カン・ジェギュ
各種表記
ハングル 강제규
漢字 姜帝圭[2]
発音: カン・ジェギュ
ローマ字 Gang Je-gyu
英語表記: Kang Je-kyu[2]
テンプレートを表示

カン・ジェギュ1962年11月27日[1] - )は韓国映画監督映画プロデューサー脚本家

略歴[編集]

主な作品[編集]

エピソード[編集]

  • 芸能ジャーナリストの麻生香太郎は、2005年に韓国でカンと会食した時、「日本人である私たちは、いつまで(過去の戦争にまつわることに関して)謝り続ければ、韓国の人たちは許してくれるのですか?」と質問したという。これに対してカンは、「ボクたち若い世代は、現代の日本の人たちに何の悪感情も抱いていません。友達も多いし、みないい人たちばかりだと思います。ただ韓国は儒教の国です。年長の人には無条件で従うのが美徳とされています。韓国の年寄りには、戦争中、痛めつけられた記憶に苦しむ人もまだ多いのです。彼らは朝鮮語を禁じられ、日本語教科書で勉強させられ、神社鳥居を建てた場所で信仰を強制させられました。そんな祖父、祖母たちが『日本の過去の過ちを許してはならない』というのです。私たちはその教えを守り、実践しなければ、親孝行とはいえません。親孝行こそが儒教の根本の教えだからです。その辺をどうかご理解ください」と答えたという。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年8月22日閲覧。
  2. ^ a b 강제규 (カン・ジェギュ) KMDb 2011年8月22日閲覧。
  3. ^ 『誰がJ-POPを救えるか?』麻生香太郎:著、朝日新聞出版、p43

外部リンク[編集]