カレル・ヤロミール・エルベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カレル・ヤロミール・エルベンKarel Jaromír Erben, 1811年11月7日 ミレティーン・ウ・イチーナ - 1870年11月21日)は、19世紀ボヘミア作家詩人ジャーナリストフォークロア研究家。フラデク・クラーロヴェーの神学校に進み、1831年プラハに出て哲学法学を修める。1843年フランティシェク・パラツキーについて国民博物館研究員となる。1848年にはプラハの新聞編集者に転身。その後1850年に国民博物館に復帰し、古文書保管所の秘書となる。肺結核のために他界した。

文学者としては、民間伝説民話に基づく詩集『詩の花束 Kytice』(初版1853年、改訂版1861年)が有名。以下の13篇からなり、ドヴォルザーク晩年の交響詩フィビフメロドラマの題材となっている。

  1. 花束(エルベンによる序詞) Kytice
  2. 財宝 Poklad
  3. 花嫁衣装 Svatební košile
  4. 昼霊(真昼の魔女) Polednice
  5. 金の糸車 Zlatý kolovrat
  6. クリスマス・イヴ Štědrý den
  7. 野鳩 Holoubek
  8. ザーホシュのベッド Záhořovo lože
  9. 水の精(河童) Vodník
  10. Vrba
  11. 百合 Lilie
  12. 娘の呪い Dceřina kletba
  13. 巫女 Věštkyně

ほかに、500の民謡を集めた『チェコにおける民族詩 Písně národní v Čechách』(1842年 - 1845年)や、5部分からなる民話集『素朴な民族の小唄とわらべ歌 Prostonárodní české písně a říkadla』(1864年)などの著作もある。

外部リンク・参照項目[編集]

  • 小原雅俊(編)『文学の贈物:東中欧文学アンソロジー』(未知谷、2000年 ISBN 978-4896420081
  • 大竹國弘(訳編)『チェコスロバキアの民話』(恒文社、1980年 ISBN 978-4770403513