カレハガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カレハガ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
: カレハガ科 Lasiocampidae
亜科 : カレハガ亜科 Lasiocampinae
: Gastropacha
: カレハガ G. orientalis
学名
Gastropacha orientalis
Sheljuzhko, 1943
和名
カレハガ


カレハガ(枯葉蛾、学名 : Gastropacha orientalis)とは、チョウ目カレハガ科に属するの一種及びその総称である。本項ではその一種カレハガについて記載する。

分布[編集]

日本全国に分布。

形態[編集]

全翅長オス40 - 50mm、メス80mm。その名の通り枯葉にそっくりなガ。木の枝にとまっていると、枯葉がぶら下がっているように見える。幼虫は灰色の地味な毛虫。毒針毛の束が頭部付近に2束並んでいる。刺激を受けると、この束は膨らむ。毒針毛はにもあるが、成虫にはない。また、卵にもないらしい。

食草[編集]

サクラウメなどを食草とする。