カレハガ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カレハガ科 Lasiocampidae
Philudoria potatoria m 9995.jpg
Philudoria potatoria
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
: カレハガ科 Lasiocampidae
Harris, 1841
亜科

Chondrosteginae
Gastropachinae
Lasiocampinae
Macromphaliinae

カレハガ科(学名 : Lasiocampidae)は、昆虫綱チョウ目に属す科の一つである。

成虫は、止まっていると一見枯葉のように見える種が多い。幼虫は、オビカレハを除き毒針毛があり、触れるとかぶれる。 毒針毛を持つ種類は、全体に褐色系の地味な種類が多く、体に2束毒針毛の束を持つ。カレハガ、マツカレハ、クヌギカレハ、ヤマダカレハなどは頭部付近に2束短い束を、タケカレハ、ヨシカレハなどは頭部付近と尾部付近に1束ずつ長い束を持つ。頭部付近に2束毒針毛の束を持つ種は、刺激を受けるとこの束を膨らませ威嚇する。頭部付近と尾部付近に1束ずつ毒針毛の束を持つ種は、刺激を受けてもこの束を膨らませることもなく、威嚇することもない。また、繭にも毒針毛が付着するが、ドクガ科のガとは異なり、成虫には付着しない。

日本産の主な種類[編集]

関連項目[編集]