カルパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セーデルの食卓の一例。右下のパセリがカルパス

カルパスヘブライ語:karpas)とは、過越セーデルに出される儀式的な食事の一つで、パセリセロリなどの野菜塩水に浸して食べるというもの。カルパスという語はギリシャ語のカルポス(καρπός)に由来し、新鮮な生野菜を意味する。

野菜を塩水に浸すことについては様々な解釈があり、「出エジプト記」における紅海横断の象徴であるとか、野菜は聖書に書かれたヒソプの代わりであるとか、塩水はユダヤ人が奴隷制度の下で流した涙であるとか、ヨセフの衣が血に塗れていたことに因むなどと説明される。

関連項目[編集]