カルタゴ作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カルタゴ作戦で破壊された寄宿学校の一帯

カルタゴ作戦(Operation CARTHAGO)は、1945年3月21日に実施されたイギリス空軍の作戦である。

デンマークで活動しているレジスタンスの救出(最悪でもイギリス空軍の爆弾によって殺されることを望んでいたと言われている)を目的とし、イギリス第140航空団のモスキートにより、コペンハーゲンシェルハウスにあったゲシュタポ司令部を攻撃。18名のレジスタンスがこれによって脱出したものの8名のレジスタンスと55名のゲシュタポ職員・47名のデンマーク人雇員、更に誤爆によって近所の寄宿学校の生徒86名を含む125名の民間人が犠牲となった。

外部リンク[編集]