カモ (ボリシェヴィキ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シモン・アルシャコヴィチ・テル=ペトロシャン
Симон Аршакович Тер-Петросян
Kamo(Ter-Petrossian).jpg
通称: カモ (Камо)
生年: (1882-05-27) 1882年5月27日
生地: Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国チフリス県ロシア語版ゴリ郡ロシア語版ゴリ
没年: (1922-07-14) 1922年7月14日(40歳没)
没地: Flag of Georgian SSR (1921-1922).svg グルジア・ソビエト社会主義共和国チフリス
思想: マルクス・レーニン主義
活動: 1907年チフリス銀行強盗事件英語版
所属: ボリシェヴィキ
記念碑: プーシキン公園内に記念碑が建てられたが、後にヨシフ・スターリンが撤去

カモロシア語: Камо)、本名シモン・アルシャコヴィチ・テル=ペトロシャンロシア語: Симон Аршакович Тер-Петросянアルメニア語: Սիմոն Տեր-Պետրոսյան〈シモン・テル=ペトロシアン〉グルジア語: სიმონ არშაკის ძე ტერ-პეტროსიანის〈シモン・アルシャキス・ゼ・テル=ペトロシアニ〉1882年5月27日 - 1922年7月14日)は、アルメニア人オールド・ボリシェヴィキ。後にソビエト連邦の指導者となったヨシフ・スターリンとは幼なじみであった。

変装の名手であった彼は、1903年から1912年にかけて、おもに当時ロシア帝国の一部であったグルジア(現在のジョージア国)において、ロシア社会民主労働党ボリシェヴィキ派のために多数の軍事作戦を実行した。中でも特に有名なのは、ボリシェヴィキ指導部が党活動資金を獲得するために計画し、カモが中心的役割を担った1907年チフリス銀行強盗事件英語版である。一連の軍事活動のために、カモは1907年ベルリンで逮捕され、投獄されたが、ドイツでも、また後にはロシアでも、獄中では発狂したふりをして通し、脱獄して、国外へ逃れた。カモは1912年に武装強盗未遂で再び逮捕され、死刑を宣告された。しかし、この死刑判決は、ロマノフ朝300周年記念祝賀ロシア語版による恩赦で終身刑に減刑された。

1917年の2月革命後、カモは解放された。カモは1922年に、チフリスで自転車に乗っていたところ、トラックに撥ねられて死んだ[1]。死後、カモの遺体はティフリスのイェレヴァン広場(現在の自由広場(タヴィスプレバ広場)英語版)に近いプーシキン公園に埋葬され、記念碑が建立されたが、後にこの記念碑はスターリン時代に撤去され、遺体も別の場所に移され行方不明となった。

「カモ」という偽名は、テル=ペトロシャンがロシア語が苦手だったことに由来している。子供の頃、学校の授業で、テル=ペトロシャン少年は教師に「何?」«Чему?» と尋ねようとして、「誰に?」«Камо?» と言ってしまった。この間違いは、生徒たちの間で大いにウケたので、以降、かれは終生「カモ」として知られるようになった[2]

脚注[編集]

  1. ^ Советская военная энциклопедия: "Погиб при автомобильной катастрофе."
  2. ^ Official Record No. 28; Interrogation of Kamo in Tiflis, 19 October 1909: «Ещё тогда, я учился в горийском городском училище, меня товарищи в насмешку называли «Каму» за то, что я неудачно отвечал один раз по-русски, на вопрос учителя вместо «чему», я сказал «каму».