カフラマンマラシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カフラマンマラシュ
Kahramanmaraş
都心の眺め
都心の眺め
カフラマンマラシュの位置(トルコ内)
カフラマンマラシュ
カフラマンマラシュ
トルコ国内の位置
北緯37度35分 東経36度56分 / 北緯37.583度 東経36.933度 / 37.583; 36.933
トルコ
地域英語版 地中海地方
カフラマンマラシュ
面積
情報源[2]
 • District [1] km2
標高
568 m
人口
(2021年)
 • 合計
1,168,163人
等時帯 UTC+3 (TRT)
市外局番 0344
車両登録番号(英語) 46

カフラマンマラシュトルコ語: Kahramanmaraş (トルコ語発音: [kahɾaˈmanmaɾaʃ]、古代の名称はギリシャ語由来の Γερμανίκεια)は、トルコ地中海地方カフラマンマラシュ県にある都市で同県の県都。タウルス山脈のふもとにある。人口は116万8千人あまり(2009年当時は38万4953人)。

2012年カフラマンマラシュ県の全域が大都市自治体に指定され、旧カフラマンマラシュ市はドゥルカディロール(Dulkadiroğlu)とオニキシュバト(Onikişubat)という2つの自治体に分割された[3]

正式名称は1973年までさかのぼるとマラシュだったが(アラビア語: مرعش‎ Marʻaš、アルメニア語: Մարաշ Maraš)、同年、トルコ革命時にフランス軍に勝利したマラシュの戦いを記念し、「英雄」を意味するカフラマンを冠して「カフラマンマラシュ」となった[4][5]

名物はヤギのミルクで作る[6]粘度の高いアイスクリーム「ドンドゥルマ」(トルコアイス)と、その原料ともなるサレップesalep(英語)と呼ばれる増粘多糖体で、ランの仲間の根茎を干して加工する。1992年設立のカフラマンマラシュ公認工業地域(OIZ)には2017年時点で繊維工業と金属加工業の企業54社を束ねてあった[7]

カフラマンマラシュ空港(英語)からイスタンブルアンカラのどちらにも定期便が就航する。バクートビリシカルスを結ぶ国際鉄道ルート(BTK)が通り、県南部のテュルクオウル英語版に大規模貨物物流センターが開設されると(2017年)、年間のロジスティックス能力は190万トンである[8]。チュクロヴァ地方からトルコ北部、東北部経由でジョージアへ物流網が広がると期待される。中国から見たなら、一帯一路構想がメルスィンまで伸びる可能性もある[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ トルコのカフラマンマラシュ (県および市) の面積” (日本語). レファレンス協同データベース. 国立国会図書館. 2022年8月18日閲覧。
  2. ^ Regional Statistics [自治体統計]” (英語). 2009年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月18日閲覧。
  3. ^ Başbakanlık Mevzuatı Geliştirme ve Yayın Genel Müdürlüğü [総局公表]” (トルコ語). www.resmigazete.gov.tr. トルコ政府首相府 (2012年11月12日). 2022年2月8日閲覧。 (1)地域の統計と(2)都市監査の統計がある。
  4. ^ Kahramanmaraş’ın Tarihi [カフラマンマラシュの歴史]” (トルコ語). kahramanmaras.bel.tr. Kahramanmaraş Büyükşehir Belediyesi [カフラマンマラシュ市]. 2022年2月8日閲覧。
  5. ^ JETROイスタンブール事務所 2018, p. 22, 「IV. イスケンデルン湾の鉄鋼地域 §1. ハタイ県、オスマニエ県、カフラマンマラシュ県の概要」
  6. ^ JETROイスタンブール事務所 2018, p. 26, 「3.産業動向〈農業・農産品〉§カフラマンマラシュ県」
  7. ^ JETROイスタンブール事務所 2018, p. 34, 「表27 カフラマンマラシュ県のOIZ、テクノパーク(技術開発特区)」(JETROイスタンブール事務所作成)
  8. ^ a b JETROイスタンブール事務所 2018, p. 30, 「4.産業インフラ 〈物流〉」

参考文献[編集]

  • イスタンブール事務所、海外調査部中東アフリカ課(pdf) 『チュクロヴァ地方産業調査 : アダナ、メルスィン、オスマニエ、ハタイ、カフラマンマラシュを中心とした経済・投資環境』日本貿易振興機構、2018年12月https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/73251aab2239f8a9.html2022年8月19日閲覧 
    • 公認工業地域(OIZ)、フリーゾーン(FZ)
  • 中東調査会, ed (1990.10). “第二部第八章 (II) カフラマンマラシュ事件”. イスラム・パワー. パレスチナ選書 (再版 ed.). 第三書館. pp. 192-200 全国書誌番号:21216568

関連項目[編集]

外部リンク[編集]