楢崎皐月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カタカムナ文明から転送)
移動先: 案内検索

楢崎 皐月(ならさき さつき、別資料では「ならさき こうげつ」、 1899年5月9日 - 1974年7月31日)は、日本の物理学者電気技術者。超古代文明とされるカタカムナ文明の存在を主張していたが、主張を裏付ける客観的な証拠は皆無である。

概要[編集]

1899年5月9日、山口県あるいは北海道で生まれた後、北海道札幌市で育った。

1917年、日本電子工業・電気学校で学んだ後、満州にて日本軍に関わる技術職に従事する。終戦後、星製薬社長の星一の援助で、星製薬内に「重畳波研究所」を設立し、様々な研究を行う。

本人の主張によれば、1948年頃から全国の電位分布実測調査を行ううち、兵庫県六甲山山系の金鳥山(俗称:狐塚付近)での生活中に平十字と名乗ると宮司と出会い、カタカムナ文字とされる巻物を大学ノートに書き写したとされ、その後20年ほど経過した後、著書に記述し始める。

書籍[編集]

  • 「静電三法技術専修員用テキスト」(植物波農法、物質変成法、人体波健康法)発行 昭和33年(1958)
  • 相似象学会誌 全26巻 相似象学会 発行 / 宇野多美恵 発行人
  • 『相似象』
  • 『サヌキ・アワのサトリ』
  • 『ゲーテのファウストとカタカムナ』特集号

脚注[編集]

外部リンク[編集]