カシオペヤ座矮小銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カシオペヤ座矮小銀河
Cassiopeia Dwarf (PGC 2807155) Hubble WikiSky.jpg
観測データ (J2000.0 元期)
星座 カシオペヤ座
赤経 23h 26m 31.0s[1]
赤緯 +50° 41′ 31″[1]
赤方偏移 -307 ± 2 km/s[1]
距離 2.58 ± 0.13 Mly (790 ± 40 kpc)[2][3]
タイプ Sph?[1]
角直径 (V) 2′.5 × 2′.0[1]
等級 (V) 12.9[1]
大きな特徴 アンドロメダ銀河の伴銀河
別名

Andromeda VII, And VII, Cas dSph, PGC 2807155,

Cassiopeia Dwarf Galaxy[1][4]
銀河銀河の一覧も参照

カシオペヤ座矮小銀河(Cassiopeia Dwarf)は、カシオペヤ座の方角に約258万光年の位置にある矮小楕円体銀河である。アンドロメダVIIとも言う。カシオペヤ座矮小銀河は局部銀河群の1つで、アンドロメダ銀河伴銀河である。

カシオペヤ座矮小銀河は1998年に、ロシアとウクライナからなる天文学者のチームにより、ペガスス座矮小銀河とともに発見された[5]。カシオペヤ座矮小銀河とペガスス座矮小銀河はアンドロメダ銀河の伴銀河の中で、アンドロメダ銀河から最も遠くに位置するが、重力の影響は受けていると推測されている。若くて重い恒星を持たず、近年の星形成の痕跡もない。100億歳以上の非常に古い星で占められている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for Cassiopeia Dwarf. 2006年11月30日閲覧。
  2. ^ Karachentsev, I. D.; Karachentseva, V. E.; Hutchmeier, W. K.; Makarov, D. I. (2004年). “A Catalog of Neighboring Galaxies”. Astronomical Journal 127: 2031–2068. doi:10.1086/382905. http://adsabs.harvard.edu/abs/2004AJ....127.2031K. 
  3. ^ Karachentsev, I. D.; Kashibadze, O. G. (2006年). “Masses of the local group and of the M81 group estimated from distortions in the local velocity field”. Astrophysics 49 (1): 3–18. doi:10.1007/s10511-006-0002-6. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-bib_query?bibcode=2006Ap.....49....3K. 
  4. ^ Results for Andromeda V”. SIMBAD Astronomical Database. 2010年3月6日閲覧。
  5. ^ Pritzl, Barton J.; Armandroff, Taft E.; Jacoby, George H.; Da Costa, G. S. (2005年5月). “The Dwarf Spheroidal Companions to M31: Variable Stars in Andromeda I and Andromeda III”. The Astronomical Journal 129 (5): 2232–2256. doi:10.1086/428372. http://adsabs.harvard.edu/abs/2005AJ....129.2232P 

外部リンク[編集]

座標: 星図 23h 26m 31.0s, +50° 41′ 31″