オーマイゴッド粒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーマイゴッド粒子(Oh-My-God particle)は、ユタ州ダグウェイ性能試験場で、1991年10月15日夕方に検出された超高エネルギー宇宙線である。エネルギーは、約300エクサ電子ボルト(50ジュール)と推定され[1]、「驚くべき粒子」と形容された[2]。この亜原子粒子の持つエネルギーは、時速約100キロメートルで運動する約140グラムの野球ボールの運動エネルギーに相当する。

この粒子は、光速に非常に近い速度で運動しており、陽子であるとすれば、その速度は1秒間当たり光より1.5フェムトメートル遅いだけであり、光速の約0.9999999999999999999999951倍に相当する。この速度の粒子と光速の物体が1年間進むと、46nmの差がつき、また22万年ごとに1cmの差がつく[2]

この粒子のエネルギーは、地球上の加速器で作り出させる最も高エネルギーの陽子の約4000万倍である。しかし、地上の陽子または中性子には、このエネルギーのごく一部しか与えられず、ほとんどの有効エネルギーは、相互作用で生成した粒子の運動エネルギーとして保存された。衝突の有効エネルギーは、粒子のエネルギーと陽子の質量エネルギーの積の2倍の平方根であり、この粒子の場合、7.5×1014 eV、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の衝突エネルギーのおおよそ50倍に達する。

出典[編集]

  1. ^ Open Questions in Physics. German Electron-Synchrotron. A Research Centre of the Helmholtz Association. Updated March 2006 by JCB. Original by John Baez.
  2. ^ a b J. Walker (1994年1月4日). “The Oh-My-God Particle”. Fourmilab. 2013年4月10日閲覧。