コンテンツにスキップ

オープンスカイズ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オープンスカイズ条約
Treaty on Open Skies
署名1992年3月24日[1](同時に暫定適用英語版
署名場所ヘルシンキ
発効2002年1月1日
現況20
批准国35
寄託者カナダ政府、ハンガリー政府
言語英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、スペイン語

オープンスカイズ条約(オープンスカイズじょうやく、英:Treaty on Open Skies)は、参加国全域にわたる非武装での空からの監視飛行プログラムを確立する国際条約である。領空開放条約とも呼ばれている。

概要

[編集]

この条約は、相互理解と信頼を高めることを目的としており、全参加国が、自国にとって懸念のある軍事力や活動に関する情報を直接収集する役割を与えることにより、それを実現することを目的としている。

2002年1月1日に発効したオープンスカイズ条約は、現在34の締約国が存在する。この条約により、参加国は非武装の航空機を使用して参加国全域を監視することができる。国々が互いに公然と監視することを許すアイデアは、誤解を防止し緊張のエスカレーションを制限することが考えられている。また、条約の約束を守ることについて、相互の説明責任を提供することもできる。オープンスカイ条約は、参加国がお互いに信頼関係を構築する上で重要な役割を果たしており、国際的な安全保障に貢献している。

脚注

[編集]
  1. ^ Open Skies Treaty”. U.S. Department of State. 2020年5月21日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]