オピペウター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オピペウター
Opipeuterella swimming.png
地質時代
オルドヴィス紀
分類
: 動物界 Animallia
: 節足動物門 Arthropoda
: 三葉虫綱 Trilobita
: プロエトゥス目 Proetida
: Telephinidae
: Opipeuterella
学名
Opipeuterella
(Fortey 1974)

オピペウター (学名 Opipeuterella )は、オルドビス紀前期に生息していた三葉虫の一つ。節足動物門 - 三葉虫綱に属する。

1974年、スヴァールバル諸島産の標本に基づいてOpipeuterと命名されたが、後にピグミーテグー科トカゲに同名の属が存在することが分かり、属名はOpipeuterellaに変更された[1]。 他にはネバダ州ニューファンドランド島アルゼンチン[2]アイルランドなどから化石が出土している。

全長約4cm。大型のが身体の側方に突き出ており、頭部を動かす事無く全方向を見ることができたと推定される。こうした形態から、オピペウターは他の三葉虫の様な底性の生物ではなく、水中を遊泳していたと考えられている。その際には背中を下にしていたとされる[3]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ RICHARD A. FORTEY (2005), “OPIPEUTERELLA, A REPLACEMENT NAME FOR THE TRILOBITE OPIPEUTER FORTEY, 1974, PREOCCUPIED”, Journal of Paleontology 79 (5): 1036, doi:[[doi:10.1666%2F0022-3360%282005%29079%5B1036%3AOARNFT%5D2.0.CO%3B2|10.1666/0022-3360(2005)079[1036:OARNFT]2.0.CO;2]] 
  2. ^ Opipeuter in the Paleobiology Database
  3. ^ 『イラスト図解:謎と不思議の生物史』 64頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 金子隆一 『イラスト図解:謎と不思議の生物史』 北村雄一、本田成正、山本聖士、同文書院、1996年、64頁。ISBN 4-8103-7340-1

外部リンク[編集]