オニオコゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オニオコゼ
OniOZ2013110904.jpg
Inimicus japonicus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: カサゴ目 Scorpaeniformes
亜目 : カサゴ亜目 Scorpaenoidei
: フサカサゴ科 (あるいはオニオコゼ科Scorpaenidae
亜科 : オニオコゼ亜科 Synanceinae
: オニオコゼ属 Inimicus
: オニオコゼ I. japonicus
学名
Inimicus japonicus
(Cuvier, 1829)
和名
オニオコゼ(鬼鰧、鬼虎魚)
英名
Devil stinger
Demon stinger
Goblinfish
Sea Goblin
Spiny devilfish

オニオコゼ(鬼鰧、鬼虎魚、学名Inimicus japonicus)は、カサゴ目フサカサゴ科[1](あるいはオニオコゼ科[2][3])に属する魚類の一種。単にオコゼとも呼ばれる[2]

分布・生態[編集]

関東以南の太平洋新潟県以南の日本海、および東シナ海に分布する。暖海性の種である。

浅海性で、生息範囲は沿岸から水深200mまで[2]底生性で、通常はあまり泳ぎ回ることなく海底に潜み、地味な体色を利用して砂や石に擬態する。食性肉食性で、小魚などを待ち伏せ、素早く捕食する。

形態[編集]

体色は褐色系が多いが、色彩変異に富む。口は上向きにつく。体表は他のカサゴ類と同様にいぼ状・房状の突起が発達し、皮膚が剥がれているようにも見える。体長は20cm程度であることが多いが、最大では全長29cmに達する[3]

背鰭の棘条に毒腺を備え、刺されると激しく痛む[2]。背鰭の鰭条は16-18本の棘条と、5-8本の軟条で構成される[2]。背鰭の軟条の形態、鰭膜の切れ込みの形状から近縁のセトオニオコゼヒメオニオコゼと鑑別される[2]

人間との関係[編集]

ヤマノカミという俗称は、本種の干物を山の神への供物にする風習があったことによる。山の神は不器量なうえ嫉妬深い女神で、醜いオコゼの顔を見ると、安心して静まるのだという。

南方熊楠は随筆『山神オコゼ魚を好むということ』でこのことに触れている。それによると和歌山県南部にはオコゼを山の神に奉って儲けた伝承が幾つか知られ、たとえば山奥で木を伐採したが川の水量が少なくて運べなかったとき、オコゼを奉ると大雨が降って運べるようになったという。日向地方では漁師が懐にオコゼを隠し持ち、『これを差し上げるのでイノシシを出してほしい』と願うと取れる。その後、同じ魚を持って同じように願うと、山の神はオコゼほしさに何度でもイノシシを出してくれるとも[4]

食用[編集]

食用になり、刺身唐揚げ吸い物などに利用される[2]。非常に美味であるとともに可食部が少ないことから、一般に高級魚として扱われる。

最近は個体数が減っており、香川県等では養殖も行われている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.321-325
  2. ^ a b c d e f g 『日本の海水魚』 pp.210-213
  3. ^ a b Inimicus japonicus”. FishBase. 2014年5月13日閲覧。
  4. ^ 南方全集

参考文献[編集]

  • Joseph S. Nelson 『Fishes of the World Fourth Edition』 Wiley & Sons, Inc. 2006年 ISBN 0-471-25031-7
  • 岡村収・尼岡邦夫監修 『日本の海水魚』 山と溪谷社 1997年 ISBN 4-635-09027-2
  • 南方熊楠。「山神オコゼ魚を好むということ」『南方熊楠全集 2』、(1971)、平凡社、p.248-257

関連項目[編集]

外部リンク[編集]