オクセル=バ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Auxelles-Bas
Blason Auxelles-Bas.svg
Auxelles-Bas-90-village.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏
(département) テリトワール=ド=ベルフォール県Blason département fr Territoire de Belfort.svg
(arrondissement) ベルフォール郡
小郡 (canton) ジロマニー小郡
INSEEコード 90005
郵便番号 90200
市長任期 ドミニク・シポー
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Vosges du Sud
人口動態
人口 474人
2015年
人口密度 50人/km2
住民の呼称 Trissous
地理
座標 北緯47度44分06秒 東経6度46分52秒 / 北緯47.735度 東経6.78111111111度 / 47.735; 6.78111111111座標: 北緯47度44分06秒 東経6度46分52秒 / 北緯47.735度 東経6.78111111111度 / 47.735; 6.78111111111
標高 平均:m
最低:430m
最高:621m
面積 9.41km2
Auxelles-Basの位置(フランス内)
Auxelles-Bas
Auxelles-Bas
公式サイト auxelles-bas.com
テンプレートを表示

オクセル=バAuxelles-Bas、フランク=コントワ語:Ossarre-Bé)は、フランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏テリトワール・ド・ベルフォール県コミューン

地理[編集]

村はヴォージュ山脈の南側のふもとにあり、オート=ソーヌ県との県境に位置している。

由来[編集]

村の名前(Axella, Ascella, Accella, Assel)が言及されるのは1130年以降である。

  • Aucelle (1282年), Assel (1628年), Auselle/Auxelle (1655年)。
  • ドイツ語 : Nieder-Assel[1]

歴史[編集]

サント・カトリーヌ教会

この地にはローマ時代から人が定住していた可能性が高い。なぜならば、ヴォージュ山脈の南側から並行して走っていたラングル-ストラスブール間の道と、サヴルーズ川谷に沿ってマンドゥールから伸びる道との交差地点にあたったからである。

オクセルの封土はティエリー・ド・モンベリアールに帰属していたが、12世紀に封土はニコラ・ドクセルに寄進された。1520年にはフェレット伯爵が所持するところとなり、フランス革命までそれが続いた。1569年、オクセルの村はオクセル=バとオクセル=オーの2つに分かれていた。13世紀に建設された城は10年戦争(fr)中の1635年に焼失し、18世紀に住民たちが城の石を個人的用途に利用するため解体した。

ヴォージュ山脈南部には、14世紀末に採掘された鉱脈がある。とりわけ、銀を含有する鉱物ガレーヌは掘り出された後現地で加工され、森林は坑道の資材や、鉱物の加工に必要なエネルギー資材として木材を供給していた。コミューン内では数か所の坑道と抗が掘削された。この経済活動は、17世紀までヴォージュ山麓の経済発展の重要な要素となっていた。フランス革命まで衰退の時代が続いた後、1824年前後に導入された織機の設置によって19世紀に再び経済活動が発展した。1882年には綿織物の織機が130台あり、小麦を挽く製粉所が3か所、皮革用の製粉所(皮なめしに用いるオーク樹皮を粉砕するため)があった。

13世紀、村はショーの町の教区の一部だった。教区はラシャペル・スー・ショーの教区に付随するものとみなされていた。オクセルの城に付属していた礼拝堂は、18世紀半ばに解体された。現在の教会は、1870年代初めに建設され、聖カトリーヌに捧げられている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2015年
321 283 325 361 353 461 469 474

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

参照[編集]