オギノツメ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オギノツメ属
Hygrophila polysperma.JPG
アクアリウムで育成される
ハイグロフィラ・ポリスペルマ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: キツネノマゴ科 Acanthaceae
: ルイラソウ連 Ruellieae
: オギノツメ属 Hygrophila
学名
Hygrophila
Lindl.

本文参照

オギノツメ属Hygrophila)は、キツネノマゴ科に分類される植物。約125のうち40種は水生(水草)であり、アクアリウムで用いられることも多い。その場合、属名仮名読みのハイグロフィラが用いられることも多い。

[編集]

Hygrophila corymbosa
ハイグロフィラ・コリンボーサ
Hygrophila difformis
ハイグロフィラ・ディフォルミス
ハイグロフィラ・コリンボーサ Hygrophila corymbosa
バングラデシュインドブータンネパール原産。テンプル・プラント(Temple Plants)、ジャイアント・ハイグロ(giant hygro)などと呼ばれる。
ハイグロフィラ・ディフォルミス Hygrophila difformis
東南アジア原産。ウォーター・ウィステリア(water wisteria)と呼ばれることが多い。
ハイグロフィラ・ポリスペルマ Hygrophila polysperma
インドマレーシア原産で、アメリカ合衆国フロリダ州またはテキサス州などで栽培される。光量が強い場合は赤みを帯びることもある[1]
ハイグロフィラ・ロザエネルビス Hygrophila polysperma var. rozaenervis
ポリスペルマの改良品種。頂芽がピンク色になり、葉にが入る。
オギノツメ (ハイグロフィラ・サリチフォリア) Hygrophila salicifolia
日本、東南アジア、オーストラリアなどに分布する。

脚注[編集]