オオヒカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オオヒカゲ
408-Ninguta schrenckii.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 鱗翅目 Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : ジャノメチョウ亜科 Satyrinae
: マネシヒカゲ族 Elymniini
: オオヒカゲ属 Ninguta
: オオヒカゲ N. schrenckii
学名
Ninguta schrenckii
(Menetries)
和名
オオヒカゲ(大日陰)
英名
The Large Brown
下位分類群
  • N. s. schrenckii(Menetries)

オオヒカゲ(大日陰、 Ninguta schrenckii)は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科に属するチョウの一つ。

概要[編集]

日本産ジャノメチョウ類の最大種。翅は大きいが体はそれほど大きくない。ヒカゲのグループであるがやや異端で、体のつくりなどはむしろキマダラモドキに近い。後翅裏に顕著に現れる蛇の目紋は地理的変異が激しく、マニアによりいくつかの俗称があたえられている。

食草はカヤツリグサ科のカワラスゲ・カサスゲ・ヒゴクサなど。越態は2齢もしくは3齢の幼虫。年一化性で、成虫6月終わりから8月にかけて見られる。

分布[編集]

国内では北海道本州にのみ生息するが、甲信越以西では分布は局所的。最西端は中国山地と思われる。国外では中国-朝鮮半島ロシア極東部。

参考文献[編集]

  • 牧林功解説、青山潤三写真『日本の蝶』成美堂出版〈ポケット図鑑〉、1994年。ISBN 4-415-08045-6
  • 『チョウの調べ方』日本環境動物昆虫学会編、今井長兵衛・石井実監修、文教出版、1998年。ISBN 4938489112OCLC 170389984

関連項目[編集]