エンリケ・カプリレス・ラドンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカプリレス第二姓(母方の)はラドンスキーです。
2012年

エンリケ・カプリレス・ラドンスキー(Henrique Capriles Radonski, 1972年7月11日 - )は、ベネズエラの政治家。父方はセファルディムの先祖を持つカトリック教徒。母方はロシアおよびポーランド出身のアシュケナージで、第二次世界大戦後にベネズエラに移住してきた。彼の祖母の両親はトレブリンカ強制収容所で殺害されている[1]

2000~2008年、バルータ市カラカスの一部)の市長を務める。2008年11月よりミランダ州知事。正義第一党党首である。また統一選挙連合の民主統一会議の代表を務めている。

2012年ベネズエラ大統領選挙英語版に野党統一候補として出馬したが、現職のウゴ・チャベスに敗れた[2]。また、翌年の2013年ベネズエラ大統領選挙にも出馬し、ニコラス・マドゥロに敗れた。

出典[編集]

外部リンク[編集]