エンジェルブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ANGELBLUE(エンジェルブルー)は、ナルミヤ・インターナショナルのファッションブランド

概要・歴史[編集]

1989年9月発表。メインキャラクターは「ナカムラくん」。主に小学校高学年から中学生にかけてのプレティーンからローティーン層にあたる女子児童をターゲットとしている。2010年まではデパート内のナルミヤ専門店で販売されていて、1990年代後半から2000年代後半にかけての最盛期は「メゾ・ピアノ」と共に同社の子供服を代表する主力ブランドであった。2000年代初頭には、当時の人気アイドルグループ 「ミニモニ。」メンバーの加護亜依が好んで着用したことで親子の双方から注目され、子供服にしては高額であるにもかかわらず大人気となった。

2004年8月には低年齢層向けの子供服ANGEL BLUE KIDS2005年3月には上位ブランドであるスーパーレーベルの展開を開始した。

「ミニモニ。」ブームが一巡した2000年代後半には販売が落ち込んだことから、2010年秋冬シーズンをもってデパートにおけるブランド展開を終了した[1]。その後2011年秋からスーパー最大手のイオンのうち大型店150店舗へ販路を切り替えたうえでブランドを再開する事を発表し[2]、同年の秋冬シーズンからイオンのプライベートブランド(PB)商品として販売が開始された。中国で生産し、販売価格は2980円~3980円とスーパーで売られる他の子供服よりはやや高いながらも、デパートで販売されていた頃の半額以下に設定されている[3]

2007年から2009年にかけて講談社の小中学生向け少女漫画誌『なかよし』において本ブランドとタイアップをした『夢みるエンジェルブルー』が掲載された。

イメージキャラクター[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]