エロリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Elorrio

Escudo de Elorrio.svg

Elorrio archway.JPG
Flag of the Basque Country.svg バスク州
Bizkaikobanderea.svg ビスカヤ県
コマルカ ドゥランガルデア
面積 37.32 km²
標高 185m
人口 7,271 人 (2015年)
人口密度 194.83 人/km²
住民呼称 (スペイン語)elorriano (ana)
(バスク語)elorriotarra
Elorrioの位置(スペイン内)
Elorrio
Elorrio
スペイン内エロリオの位置
Elorrioの位置(ビスカヤ県内)
Elorrio
Elorrio
ビスカヤ県内エロリオの位置

北緯43度7分50秒 西経2度32分34秒 / 北緯43.13056度 西経2.54278度 / 43.13056; -2.54278座標: 北緯43度7分50秒 西経2度32分34秒 / 北緯43.13056度 西経2.54278度 / 43.13056; -2.54278

エロリオ(バスク語: Elorrio, 口語体はエロリショ : Elorrixo)は、スペインバスク州ビスカヤ県ムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ(郡)としてはドゥランガルデアに属している。2013年の人口は7,294人。

名称[編集]

バスク語サンザシのことをelorriと呼び、elorrioは「サンザシの赤い果実」を意味する。エロリオの町の紋章にはサンザシが用いられている。口語的にはエロリショ(バスク語: Elorrixo)と呼ばれてきた。

歴史[編集]

エロリオの主要な教会
エロリオの中央広場

今日、エロリオの町の外にあるアルヒネタの墓は、キリスト教到来以前、キリスト教到来後それぞれの遺跡である。この地域には893年にキリスト教がもたらされたとする記録が残っている。1053年、サン・アグスティン・デ・エチェバリア修道院が設立された。この修道院は時とともに改修され、結局現在も残るゴシック様式教会となった。1356年、ビスカヤ領主のドン・テーリョは近隣のギプスコアからの侵略に対して国境を守るために、修道院が建っていた場所でエロリオの建設宣言を行い、正式にエロリオの町が建設された。1468年、エロリオの町は名高いバンドス戦争英語版の舞台となった。しかし、やがてこの種の出来事は減少し、16世紀から18世紀に町は成長し、鍛冶場の町として、特に槍の生産地としての名声を得た。

この景気拡大の結果、主に16世紀中に重要な建物の数々が建設された。今日、これらの建物は歴史的・建築学的に重要なモニュメントとされている。19世紀と20世紀初頭、農村部の町であることには変わりなかったが、多くの人々が著名なふたつのスパ(療養目的の温泉)を訪れ、エロリオは観光地となった。1930年代後半のスペイン内戦後、エロリオは工業化の時代を迎え、多くの小規模家内制工場や労働者協同組合企業が生まれた。1964年、旧市街全体が重要文化財(BIC)の「歴史的街並み」に指定された。

地理[編集]

ビスカヤ県の県都ビルバオからは39kmの距離にある。エロリオは郡としてはドゥランガルデアにあり、ビスカヤ県の東端に位置している。北はベリス英語版サルディバル英語版と、北西はアバディーニョと、西はアチョンド英語版と、東はギプスコア県の自治体と、南はアラバ県の自治体と境界を接している。

エロリオの町はインチョルタ山(797m)、ウダラチ山(1092m)など様々な山に囲まれている。町を横切るスメレギ川は、アチョンドでアラソラ川と合流した後、やがてイバイサバル川に合流してビスケー湾に注ぐ。

エロリオの景観

人口[編集]

1950年の人口は約3,500人だったが、1981年には約8,000人となった。その後は緩やかに減少しており、スペイン国立統計局(INE)による2013年1月の推計人口は7,294人である[1][2]


エロリオの人口推移 1900-2015
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

経済[編集]

エロリオの経済は工業活動に基づいているが、農業活動も依然としてこの地域に関連性を持っている。農村の土地利用の大部分は、牛肉牛乳の生産、松林の利用に基づいている。この地域でもっとも重要な経済活動は工業であり、エロリオにはいくつかの金属加工企業が存在する。

交通[編集]

エロリオに鉄道路線は通じていない。道路ではBI-634号線が町を横切っており、コマルカの中心地であるドゥランゴギプスコア県アラサーテ/モンドラゴンなどと結ばれている。BI-2632号線はエロリオとベルガラエルゲタスペイン語版を結んでおり、BI-3321号線はエロリオとベリス英語版を結んでいる。ドゥランゴにはAP-8号線が通っており、AP-8号線でビスカヤ県の県都ビルバオやギプスコア県の県都サン・セバスティアンに向かうことができる。アラサーテ/モンドラゴンにはAP-1号線が通っており、AP-1号線でギプスコア県エイバルアラバ県の県都ビトリア=ガステイスに向かうことができる。

エロリオにはビスカイバスの2路線(A-3923系統・A-3914系統)が走っている。ビルバオ行きは1時間に1本、ドゥランゴ行きは30分に1本が走っている。

出身人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]