エロメリクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エロメリクス
Elomeryx armatus.JPG
Elomeryx armatus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
: アントラコテリウム科 Anthracotheriidae
亜科 : ボトゥリオドン亜科 Bothriodontinae
: Elomeryx Marsh1894
タイプ種
Elomeryx armatus
  • E. armatus
  • E. borbonicus
  • E. cluai
  • E. crispus
  • E. garbanii

エロメリクス鯨偶蹄目の絶滅した。昔はanthracothereとされていた。この属は世界に広く分布しており、始新世中期のアジアをはじめとして、始新世後期のヨーロッパ漸新世早期までの北アメリカに住んでいた[1]

エロメリクスは体長1.5メートルで、にやや似た細長い頭部を持っている。植物を食べるための小さなスプーン状の切歯を持っており、植物を引き抜き食い切るのに適していた。後ろ足に5つ、前足に4つの指があり、足は長くて泥地を歩くのに適していた。その習性は現代のカバに似ていると考えられている[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Ducrocq, S. & F. Lihoreau (2006年). “The occurrence of bothriodontines (Artiodactyla, Mammalia) in the Paleogene of Asia with special reference to Elomeryx: Paleobiogeographical implications”. Journal of Asian Earth Sciences 27 (6): 885–891. doi:10.1016/j.jseaes.2005.09.004. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1367912005001665. 
  2. ^ Palmer, D., ed (1999). The Marshall Illustrated Encyclopedia of Dinosaurs and Prehistoric Animals. London: Marshall Editions. p. 268. ISBN 1-84028-152-9.