エレオノーレ・ツー・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エレオノーレ・マリア・アンナ・ツー・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォールEleonore Maria Anna Gräfin zu Löwenstein-Wertheim-Rochefort, 1686年2月16日 ウィーン - 1753年2月22日)は、ドイツのヘッセン=ローテンブルク方伯エルンスト2世・レオポルトの妻。

レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ロシュフォール伯(1712年より侯)マクシミリアン・カールとその妻の伯爵令嬢ポリクセナ・クーエン・フォン・リヒテンベルク・ウント・ベラージの間の次女として生まれた。1704年11月9日にフランクフルト・アム・マインにおいて[1]、従兄にあたるヘッセン=ローテンブルク方伯エルンスト・レオポルトと結婚した。神聖ローマ皇帝家の重臣の娘として、また方伯夫人として、欧州の宮廷政治に隠然たる影響力を行使したと言われ、自分の娘たちを次々に諸外国の王室に嫁がせた。

子女[編集]

夫との間に4男6女の計10人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Hans-Günter Kittelmann: Kleiner Führer durch die Rotenburger Quart 1627–1834 und das Fürstenhaus Hessen-Rotenburg. Geschichtsverein Altkreis Rotenburg. Seite 28–43, ISBN 3-00-010155-1.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ van de Pas, Leo. “Gräfin Eleonore zu Löwenstein-Wertheim- Rochefort”. Genealogics .org. 2010年3月1日閲覧。