エルヴェ・ブロンベルジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hervé Bromberger
エルヴェ・ブロンベルジェ
生年月日 1918年11月11日
没年月日 1993年11月25日(満75歳没)
出生地 フランスの旗 フランス ブーシュ=デュ=ローヌ県マルセイユ
死没地 フランスの旗 フランス
国籍 フランスの旗 フランス
民族 ユダヤ人
職業 映画監督脚本家小説家
ジャンル 映画小説
活動期間 小説 1944年 - 1959年
映画 1946年 - 1982年
活動内容 1944年 小説を上梓
1946年 助監督
1949年 監督デビュー
1972年 テレビ映画に専念
1982年 引退
著名な家族 メリ・ブロンベルジェ
セルジュ・ブロンベルジェ
主な作品
監督
鑑識
野生の果実たち
脚本
ヴィオレット・ノジエール

エルヴェ・ブロンベルジェHervé Bromberger1918年11月11日 - 1993年11月25日)は、フランス映画監督脚本家である。映画プロデューサーピエール・ブロンベルジェの姓Braunbergerとは綴りが違う。

人物・来歴[編集]

1918年(大正9年)11月11日、フランス・ブーシュ=デュ=ローヌ県マルセイユに生まれる。姉に作家のメリ・ブロンベルジェ、兄に同じくセルジュ・ブロンベルジェがいる。

1944年(昭和19年)ごろは、20代半ばで小説を発表していたが、映画界に転向、第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)、20代後半のころ、助監督としてアンリ・ドコワンジャン・コクトーに師事する。

1949年(昭和24年)、30歳のときに『ある夜の見知らぬ男』で監督としてデビューする。1951年(昭和26年)にラウール・レヴィのプロデュースにより監督した『鑑識』が第4回カンヌ国際映画祭パルムドールにノミネートされ、コンペティション部門で上映された。1954年(昭和29年)、『野生の果実たち』がロカルノ国際映画祭に出品され、金豹賞を受賞した。

1960年代に入ると、作品数が減り、1972年(昭和47年)にはテレビ映画に専念する。1978年(昭和52年)、イザベル・ユペールヴィオレット・ノジエールを演じたクロード・シャブロル監督の問題作『ヴィオレット・ノジエール』に脚本を提供する。同作は第31回カンヌ国際映画祭パルムドールにノミネートされ、ユペールが最優秀女優賞を受賞している。1982年(昭和57年)には64歳で引退した。

1993年(平成5年)11月25日、死去した。満75歳没。

フィルモグラフィ[編集]

おもなビブリオグラフィ[編集]

  • Manucia, 1944年
  • Claude Dominique. Le Film de la morte : Roman policier, 1944年
  • Claude Dominique. Mise en scène de René Bernard, 1944年
  • Quatre hommes et la nuit, 1959年

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]