エルンスト・フォム・ラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ernst vom Rath

エルンスト・フォム・ラート(Ernst vom Rath、1909年6月3日1938年11月9日)は、ドイツの外交官。フランスのパリでユダヤ系ポーランド人ヘルシェル・グリュンシュパンにより暗殺された。この事件によりナチス・ドイツ各地で反ユダヤ主義暴動が発生した(水晶の夜)。

略歴[編集]

フランクフルト・アム・マインに官僚の息子として生まれる。ブレスラウの学校を出て、ボンミュンヘンケーニヒスベルクなどで法律を学んだ。1932年にナチス党に入党し、ドイツの外交官となった。1933年には突撃隊(SA)に入隊。ルーマニアブカレストに配属されたのち、フランスパリにあるドイツ大使館で勤務した。

ナチス幹部ラインハルト・ハイドリヒによるユダヤ系ポーランド人のポーランドへの追放令によりヘルシェル・グリュンシュパンの家族は、ポーランド国境付近へ移送され、窮乏した生活を余儀なくされた。グリュンシュパンはこれに激怒し、ユダヤ人の惨状を世界に知らしめようとドイツの高官の暗殺を企図した。1938年11月7日、リボルバーを手にドイツ大使館へ赴いたグリュンシュパンは、応対に出たラートに二発の銃弾を撃ち込んだ。この事件を聞いたベルリンアドルフ・ヒトラーはただちに侍医二名をラートのために派遣した。フランスの在郷軍人たちも輸血に応じたが、結局ラートは11月9日に死去している。

しかしラートはナチ党員ながら反ナチの人物だったといわれ、ゲシュタポからマークされていた人物でもあった[1]。したがってナチス政権にとっては痛くもかゆくもない暗殺であったと思われる。逆にナチスは、この事件を反ユダヤ主義暴動「水晶の夜」を起こすのに利用することとなるのである。

参考文献[編集]

  • ゲリー・S・グレーバー著『ナチス親衛隊』(東洋書林)ISBN 978-4887214132
  • ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)ISBN 978-4562039760

脚注[編集]

  1. ^ ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)