エリック・ライト (1985年生のアメリカンフットボール選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg エリック・ライト American football pictogram.svg
Eric Wright
サンフランシスコ・フォーティナイナーズ No.30
基本情報
ポジション コーナーバック
生年月日 (1985-07-24) 1985年7月24日(33歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
身長 5' 10" =約177.8cm
体重 190 lb =約86.2kg
経歴
大学 ネバダ大学ラスベガス校
NFLドラフト 2007年 / 2巡目全体53位
初出場年 2007年
初出場チーム クリーブランド・ブラウンズ
所属歴

受賞歴・記録
NFL 通算成績
(2013年終了時点)
タックル 367回
QBサック 1回
インターセプト 15回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

エリック・ライト(Eric Wright 1985年7月24日- )はカリフォルニア州サンフランシスコ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLタンパベイ・バッカニアーズに所属している。ポジションはコーナーバック

経歴[編集]

サンフランシスコ生まれの彼は、第29回スーパーボウルで活躍したディオン・サンダースにあこがれて育った[1]

USCで、2年次には先発選手となり、2005年1月4日のオレンジボウルでも先発出場し、4タックル、1インターセプトをあげた。同年3月に起こしたオフフィールドの問題によりUSCを離れ[2]、同年ネバダ大学ラスベガス校に転校、その年はNCAAの規定により出場できず、2006年、先発6試合を含む9試合に出場した。同年12月26日、NFLドラフトにアーリーエントリーすることを表明した[3]

2007年のドラフト2巡でクリーブランド・ブラウンズに指名されて入団した。彼の指名権は、ブラウンズがダラス・カウボーイズからトレードアップで取得したものだった。彼は1巡での指名も予想されていたが、大学時代のトラブルも影響して、2巡での指名となった[4]

1年目の2007年、全16試合中13試合で先発し、10月14日のマイアミ・ドルフィンズ戦でクレオ・レモンのパスをインターセプトした。

2008年の第6週、それまでシーズン無敗のニューヨーク・ジャイアンツ戦で94ヤードのインターセプトリターンTDを決めて、AFC週間最優秀選手守備部門に選ばれた[1]

2011年7月29日、デトロイト・ライオンズと契約を結んだ[5]。 この年、全16試合で先発出場、74タックル、自己ベストの4インターセプトをあげた[6]

2012年3月14日、タンパベイ・バッカニアーズと5年3750万ドルの契約を結んだ[6]。7月2日にロサンゼルスステイプルズ・センターの近くで飲酒運転の疑いで逮捕された[7]。この件ではその後不起訴となった[8]。第2週のニューヨーク・ジャイアンツ戦では60ヤードのインターセプトリターンTDをあげた[9]。11月にアデロールの陽性反応を示したことから、4試合の出場停止処分を受けた[10]。この年10試合の出場で37タックル、1インターセプトに終わり、バッカニアーズのパスディフェンスはリーグワーストであった[11]。2013年4月9日、バッカニアーズと1年150万ドル(出来高で最大300万ドル)の延長契約を結んだ[12]

2013年、7月12日にロサンゼルス近郊での飲酒運転で逮捕された[13]。その直後にサンフランシスコ・フォーティナイナーズとのトレードが合意となったが、身体検査に落ちて破談、バッカニアーズを解雇された。その後、8月8日、フォーティナイナーズと契約を結んだ[14]。8月27日にreserve/non-football injury リストに入れられた[15]。その後11月にチームに復帰、彼の代わりに不振のナムディ・アソムーアが解雇された[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Tom Withers (2008年10月15日). “Browns CB Eric Wright stars in 'prime time'”. USAトゥデイ. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ Dave Goldberg (2007年4月29日). “Bad Character Guys Drop in NFL Draft”. ワシントン・ポスト. 2013年1月2日閲覧。
  3. ^ Player Bio”. ネバダ大学ラスベガス校. 2013年1月2日閲覧。
  4. ^ Browns take chance on Wright despite his off-field issues”. USAトゥデイ (2007年5月1日). 2013年1月2日閲覧。
  5. ^ Tom Kowalski (2011年7月29日). “Detroit Lions sum up first official practice: 'Crisp'”. mlive.com. 2013年1月2日閲覧。
  6. ^ a b Bucs sign Carl Nicks, Eric Wright”. ESPN (2012年3月14日). 2013年1月2日閲覧。
  7. ^ バッカニアーズ、新戦力CBライトが飲酒運転で逮捕”. NFL JAPAN (2012年7月3日). 2013年8月16日閲覧。
  8. ^ 載りたくない、見たくないリスト”. NFL JAPAN.COM 編集部オフィシャルブログ (2012年7月23日). 2013年1月2日閲覧。
  9. ^ ジャイアンツ、前半のマニングはインターセプト3回”. アメフトNewsJapan (2012年9月16日). 2013年1月2日閲覧。
  10. ^ バッカニアーズ今季2人目、CBライトが薬物規定違反で出場停止”. NFL JAPAN (2012年11月27日). 2013年1月2日閲覧。
  11. ^ バッカニアーズ、レビス獲得でもライト放出せず”. NFL JAPAN (2013年4月14日). 2013年4月14日閲覧。
  12. ^ バッカニアーズ、CBライトらと契約延長”. NFL JAPAN (2013年4月10日). 2013年4月14日閲覧。
  13. ^ バッカニアーズ、飲酒運転で逮捕のCBライトを49ersへ放出”. NFL JAPAN (2013年7月20日). 2013年8月16日閲覧。
  14. ^ 49ers、一度はトレード破談のCBライトと1年契約”. NFL JAPAN (2013年8月9日). 2013年8月16日閲覧。
  15. ^ Will Brinson (2013年8月27日). “2013 NFL Roster Cuts: Tracking teams down to 75 Tuesday”. CBSスポーツ. 2013年9月29日閲覧。
  16. ^ 49ersがCBアソムハを戦力外、ライトとマニンガム戦列復帰”. NFL JAPAN (2013年11月5日). 2013年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]