エリック・フランク・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリック・フランク・ラッセルEric Frank Russell, 1905年[1][2]1月6日 - 1978年[3]2月28日)は、イギリスSF作家サリー州サンドハーストで[1]軍人の息子として[2]生まれる。理工系の教育を受け、エンジニアとなった[1][2]。1936年からSFを書き始め[1]、1937年にアメリカの「アスタウンディング・ストーリーズ誌」からデビュー[1][2]。それ以後もイギリスよりは寧ろアメリカのSF雑誌へ寄稿したためか、アメリカナイズされた、軽妙で娯楽的な作風で知られる[1][2][3]

代表作は、処女長編にして「人類家畜テーマ」の古典『超生命ヴァイトン』(Sinister Barrier)。これは怪奇研究家チャールズ・フォートの影響を受けた作品である。[2]

短編を得意とし、1955年、「ちんぷんかんぷん」(Allamagoosa)でヒューゴー賞短編小説部門を受賞。[3]

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • Sinister Barrier(1943年) 『超生命ヴァイトン』矢野徹訳、早川書房(1964年)
  • Dreadfull Sanctuary(1951年) 未訳
  • Sentinels from Space(1953年) 『宇宙の監視』島岡潤平訳、早川書房(1967年)
  • Three to Conquer(1955年) 『金星の尖兵』井上一夫訳、東京創元社(1965年)
  • Wasp(1957年) 『特務指令<ワスプ>』伊藤哲訳、早川書房(1968年)
  • The Great Explosion(1962年) 『大いなる爆発』岡部宏之訳、早川書房(1968年)
  • With a Strange Device(1964年) 『自動洗脳装置』大谷圭二訳、東京創元社(1970年)

短編集[編集]

  • Deep Space(1954年) 『宇宙の深淵より』岡部宏之訳、早川書房(1968年)
  • Men, Martians and Machines(1956年) 『メカニストリア』深町眞理子訳、早川書房(1969年)
  • Six Worlds Yonder(1958年)
  • The Space Willies(1959年)別題Next of Kin
    • 上記二冊の日本版合本『宇宙のウィリーズ』永井淳訳、東京創元社(1968年)
  • Far Stars(1961年) 未訳
  • Dark Tides(1962年) 未訳
  • Somewhere a Voice(1965年) 『わたしは“無”』伊藤哲訳、東京創元社(1975年)
  • The Timeless Ones and Other Stories 『パニック・ボタン』峯岸久訳、東京創元社(1978年)
    • 日本オリジナル短編集

ノンフィクション[編集]

  • Great World Mysteries(1957) 『世界怪奇物語』庄司浅水訳、三笠書房(1960年)
  • The Rabble Rouser(1963) 未訳

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『わたしは“無”』(1975年初版)巻末「訳者あとがき」(伊藤哲)
  2. ^ a b c d e f 『金星の尖兵』(1967年4版)巻末「ノート」(厚木淳)
  3. ^ a b c 『パニック・ボタン』(1978年初版)巻末「訳者あとがき」(峯岸久)

外部リンク[編集]