エリザベス・フィッツクラレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリザベス
Elizabeth
エロル伯爵夫人
配偶者 第18代エロル伯爵ジェイムズ・ダフ
子女 アイダ
ウィリアム英語版
アグネス
アリス
家名 フィッツクラレンス家
父親 ウィリアム4世
母親 ドロシー・ジョーダン
出生 (1801-01-17) 1801年1月17日
死亡 (1856-01-16) 1856年1月16日(54歳没)
イギリスの旗 イギリス
スコットランドの旗 スコットランドエディンバラ[1]
テンプレートを表示

エリザベス・フィッツクラレンスElizabeth FitzClarence, 1801年1月17日 - 1856年1月16日)はイギリス王ウィリアム4世の庶子で、アイルランドスコットランド貴族の第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイの妻。

生涯[編集]

グレートブリテン及びアイルランド連合王国国王ウィリアム4世と愛妾ドロシー・ジョーダンの間に庶子として生まれた。アンガスダンの家英語版にあるフィッツクラレンス家の肖像画にエリザベスが描かれている。

1820年12月4日[2]、19歳の時にロンドン中心部メイフェアのハノーヴァー・スクエアにある聖ジョージ教会英語版で第18代エロル伯爵ウィリアム・ヘイと結婚する[3][4]。結婚後はエロル伯爵夫人エリザベス・ヘイ(Elizabeth Hay, Countess of Erroll)となった。エリザベスが国王と親子関係であることで、夫は1839年に王室家政長官英語版に任命された[5]

エリザベスはウィリアム4世が投げた石と彼が初めて議会を開会した時に着用した手袋を形見として所有していた[6]

1856年、病身にも関わらず呼び出され、瀕死の弟アドルファス英語版を見舞った。その後病気は悪化しエディンバラで亡くなった[1][7]

子女[編集]

エリザベスとウィリアム・ヘイは1男3女を儲けた。

アグネスの息子であるアレグザンダーは、父ウィリアム4世の弟であるケント公爵エドワード王子の孫である連合王国国王エドワード7世と、その王妃であるアレクサンドラの第1王女(プリンセス・ロイヤルルイーズと結婚している。

また、元イギリス首相デーヴィッド・キャメロンは子孫の一人である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Lundy, Darryl (2008年4月11日). “Elizabeth Fitz-Clarence”. The Peerage. 2022年10月15日閲覧。
  2. ^ Burke, John (1826). A General and Heraldic Dictionary of the Peerage and Baronetage of the United Kingdom, for M.D.CCC.XXVI. London: H. Colburn. pp. 109. https://archive.org/details/ageneralandhera03burkgoog 
  3. ^ The Register Book of Marriages Belonging to the Parish of St. George. Mitchell & Hughes. (1896). pp. 384. https://archive.org/details/registerbookmar02armygoog 2022年10月15日閲覧。 
  4. ^ Paul, James Balfour (1906). The Scots Peerage: Founded on Wood's Edition of Sir Robert Douglas's Peerage of Scotland; Containing an Historical and Genealogical Account of the Nobility of that Kingdom. University of Michigan: D. Douglas. https://archive.org/details/scotspeeragefou01unkngoog 
  5. ^ Taylor, James (1887). The Great Historic Families of Scotland. http://www.electricscotland.com/webclans/families/hays_errol.htm 
  6. ^ Aitken, Margaret (2004). Six Buchan Villages Revisited: Re-visited. Scottish Cultural Press. pp. 32, 71. ISBN 978-1-84017-051-1 
  7. ^ “English news: Personal matters”. The Tasmanian Daily News (Hobart Town, Tasmania): p. 6. (1856年5月10日). https://trove.nla.gov.au/newspaper/article/202386668/22169203 2022年10月15日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Walford, Edward, "Hardwicke's Annual biography" (1857) p. 209
  • de Vere Beauclerk-Dewar, Peter, Roger S. Powell, "Right Royal Bastards: The Fruits of Passion" (2007) ISBN 0-9711966-8-0